ニュース
» 2020年03月24日 11時30分 公開

non-noの5月号のふろくはキャンメイクのリップ&チークジェル! ここでしか手に入らない限定カラーをパーソナルカラーアナリストがレビューします

製品版と同じサイズなのもすごい。

[かいじんちゃん,ねとらぼ]

 雑誌non-noの5月号のふろくは、キャンメイクの限定カラーのリップ&チークジェル。ふろくでよくあるミニサイズではなく、製品版と同じサイズなのも魅力的です。パーソナルカラーアナリストとコスメコンシェルジュの資格を持つライターがレビューします!

non-no5月号ふろくレビュー

 non-noは主なターゲットが10〜20代前半の女性向けファッション誌。現在発売中の5月号は「コミュ力アップ着回し30days」や「新生活に頼れる!好かれ女子メイクの基本」など、新年度に向けて新しい環境で好感度を高めたい女性のための特集が充実しています。5月号増刊ふろくあり版の価格は780円(税込)。

non-no5月号ふろくレビュー non-no5月号の表紙

 キャンメイクのリップ&チークジェルは、するすると伸びる肌馴染みのよい質感のカラーアイテム。その名の通り、リップにもチークにもマルチに使え、メイク初心者さんにも使いやすいコスメです。今回のふろく版は、製品版と同じパッケージに特別なコラボカラーが入っています。

 パッケージは、お店で売っている製品版と同じく手のひらに収まる持ち運びしやすいサイズ。蓋の裏には便利なミラーもついています。

non-no5月号ふろくレビュー 内側には小さいミラーがついています!

 このふろくでしか手に入らないコラボカラーは、黄みにも青みにも偏りすぎず、自然な血色を作ってくれる絶妙な"赤っぽピンク"。一見コーラルにも見えますが、肌に乗せてみると黄みの強くない赤みのあるピンクで、強すぎない発色。イエベ、ブルベを気にせず挑戦しやすいカラーです。

non-no5月号ふろくレビュー ツヤがあり、透けるようなカラーなので、見た目よりも挑戦しやすい!

 使い方は、指に軽くとって頬やリップにトントンと軽く叩くように乗せていくだけ。力が入りづらい薬指を使うのが、つける量や力を調節しやすいです。

 クリームタイプのコスメはほんのりとツヤが出るので、チークに使うと健康的な印象に、リップに使うと内側から滲み出るような血色感が出せます。リップに使う際は、内側から外側に向かってぼかすようにするとグラデーションになり、よりナチュラルな印象になります。ツヤリップにしたい時は上からグロスを重ねるのもオススメです。

 簡単にきれいに伸ばしやすいテクスチャーのコスメなので、はじめてのメイクをする方や、クリームチークは難しそう……と敬遠していた方にも試していただきたいアイテムです。同じカラーを頬と唇に使う事で顔全体に統一感が出て、より好感度の高い柔らかい印象になれるのも特徴です。また、ふろくを使ったリップやチークにどんなコスメ合わせよう……と迷った時は、同じくキャンメイクのアイシャドウ「シルキースフレアイズ」を合わせるのもオススメ。メイク全体が柔らかくまとまり、ふんわりと優しそうな印象をつくれますよ。

non-no5月号ふろくレビュー ピンク色のパッケージもかわいい

 キャンメイクのリップ&チークジェルは通常660円(税込)で販売している商品のため、雑誌とセットで780円で買えるのはかなりお得感があります。新生活に向けてメイクを変えてみたい方、キャンメイクファンの方には是非手にしていただきたいおすすめふろくです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン