ニュース
» 2020年03月24日 11時30分 公開

non-noの5月号のふろくはキャンメイクのリップ&チークジェル! ここでしか手に入らない限定カラーをパーソナルカラーアナリストがレビューします

製品版と同じサイズなのもすごい。

[かいじんちゃん,ねとらぼ]

 雑誌non-noの5月号のふろくは、キャンメイクの限定カラーのリップ&チークジェル。ふろくでよくあるミニサイズではなく、製品版と同じサイズなのも魅力的です。パーソナルカラーアナリストとコスメコンシェルジュの資格を持つライターがレビューします!

non-no5月号ふろくレビュー

 non-noは主なターゲットが10〜20代前半の女性向けファッション誌。現在発売中の5月号は「コミュ力アップ着回し30days」や「新生活に頼れる!好かれ女子メイクの基本」など、新年度に向けて新しい環境で好感度を高めたい女性のための特集が充実しています。5月号増刊ふろくあり版の価格は780円(税込)。

non-no5月号ふろくレビュー non-no5月号の表紙

 キャンメイクのリップ&チークジェルは、するすると伸びる肌馴染みのよい質感のカラーアイテム。その名の通り、リップにもチークにもマルチに使え、メイク初心者さんにも使いやすいコスメです。今回のふろく版は、製品版と同じパッケージに特別なコラボカラーが入っています。

 パッケージは、お店で売っている製品版と同じく手のひらに収まる持ち運びしやすいサイズ。蓋の裏には便利なミラーもついています。

non-no5月号ふろくレビュー 内側には小さいミラーがついています!

 このふろくでしか手に入らないコラボカラーは、黄みにも青みにも偏りすぎず、自然な血色を作ってくれる絶妙な"赤っぽピンク"。一見コーラルにも見えますが、肌に乗せてみると黄みの強くない赤みのあるピンクで、強すぎない発色。イエベ、ブルベを気にせず挑戦しやすいカラーです。

non-no5月号ふろくレビュー ツヤがあり、透けるようなカラーなので、見た目よりも挑戦しやすい!

 使い方は、指に軽くとって頬やリップにトントンと軽く叩くように乗せていくだけ。力が入りづらい薬指を使うのが、つける量や力を調節しやすいです。

 クリームタイプのコスメはほんのりとツヤが出るので、チークに使うと健康的な印象に、リップに使うと内側から滲み出るような血色感が出せます。リップに使う際は、内側から外側に向かってぼかすようにするとグラデーションになり、よりナチュラルな印象になります。ツヤリップにしたい時は上からグロスを重ねるのもオススメです。

 簡単にきれいに伸ばしやすいテクスチャーのコスメなので、はじめてのメイクをする方や、クリームチークは難しそう……と敬遠していた方にも試していただきたいアイテムです。同じカラーを頬と唇に使う事で顔全体に統一感が出て、より好感度の高い柔らかい印象になれるのも特徴です。また、ふろくを使ったリップやチークにどんなコスメ合わせよう……と迷った時は、同じくキャンメイクのアイシャドウ「シルキースフレアイズ」を合わせるのもオススメ。メイク全体が柔らかくまとまり、ふんわりと優しそうな印象をつくれますよ。

non-no5月号ふろくレビュー ピンク色のパッケージもかわいい

 キャンメイクのリップ&チークジェルは通常660円(税込)で販売している商品のため、雑誌とセットで780円で買えるのはかなりお得感があります。新生活に向けてメイクを変えてみたい方、キャンメイクファンの方には是非手にしていただきたいおすすめふろくです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」