ニュース
» 2020年03月24日 11時14分 公開

Twitterが新型コロナウイルスに関するルールを見直し デマや誤情報は冗談であっても削除対象

COVID-19に関するデマに対応。

[ねとらぼ]

 Twitter社は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する利用ルールの見直しを発表しました。今後、デマや誤情報などが含まれるツイートは削除要請の対象となります。



 Twitterではルール違反とみられるツイートに対し、削除要請や非表示化などの対応を行ってきました。世界情勢を鑑みた緊急時対応戦略として、今後はCOVID-19に関するデマやが含まれるツイートもルール違反とみなされる可能性があります。

 例えば「漂白剤を飲めばCOVID-19は治る」「アロマセラピーやエッセンシャルオイルは効果がある」など、信ぴょう性のない情報が含まれるツイートは、たとえ冗談であっても削除対象に。

 また、国際的もしくは各国の公衆衛生当局によって実証された科学的事実を否定する内容や、国際的に推奨されるガイダンス(社会的距離戦略など)に反するツイートもルール違反となりえます。

 他にも、COVID-19に関係して買い占めなどのパニックを煽ったり、特定の人種や宗教の人は感染しやすいと主張したりするツイートにも対応するとのことです。



画像は公式ブログより

 より詳細な内容は公式発表にて。Twitter社は、今後も継続的にCOVID-19に関わるTwitterルールを見直していくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」