ニュース
» 2020年03月24日 14時24分 公開

ヤフー親会社とヤマトHDが業務提携へ モール店舗の受注から出荷までヤマトが代行、負担減らす

ヤフーは実質送料無料キャンペーンを展開。

[ねとらぼ]

 ヤフーを傘下に持つZホールディングスとヤマトホールディングス(ヤマトHD)は3月24日、業務提携に向けて基本合意したと発表しました。

フォト PayPayモールにはヤマダ電機やZOZOなどが出店している

 ヤマトHDは6月30日から、ヤフー(Yahoo! JAPAN)が運営する「PayPayモール」「Yahoo!ショッピング」に出店する店舗の業務を代行する新物流サービスを提供する予定。ヤフーは、このサービスを利用する店舗の商品を購入すると実質送料無料(送料相当のPayPayボーナスライトを付与)とするキャンペーンを同日から12月まで実施する予定です。

 ヤマトHDが両モールの店舗向けに提供する専用の新物流サービス「フルフィルメントサービス」「ピック&デリバリーサービス」は、オンラインストアの商品の受注から出荷までの業務をヤマトHDが代行。店舗は出荷作業の負担を減らせるほか、定休日でも出荷が可能になるといったメリットがあるとしています。

フォト ヤマトHDが提供する新物流サービス(ニュースリリースより)

 またZHDは、Yahoo! JAPANがPayPayモールやYahoo!ショッピングのシステム「XSエンジン」を、自社でECストアを運営したい事業者向けに提供。ヤマトHDの新物流サービスを組み合わせ、オンライン店舗の運営から配送までのサービスをワンストップで提供します。第1弾として、アスクルが運営する個人向け通販サイト「LOHACO」にXSエンジンを導入する予定です。

 またPayPayモールでは、実店舗の在庫連携機能を提供。実店舗の在庫情報もPayPayモールと連携することで販売機会を逃さないようにするもので、第1弾としてヤマダ電機など一部のストアで実店舗の在庫を表示する取り組みをスタートしました。今秋ごろには、PayPayモール上で実店舗の在庫を購入し、実店舗で受け取れるようにします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.