ニュース
» 2020年03月24日 19時25分 公開

ステマ疑惑で炎上の『ワンピース』非公式アートプロジェクト・BUSTERCALL 窓口担当者は「関係各所に確認中」のためノーコメント(1/2 ページ)

声明の掲載日についてはめどが立っていないとのこと。

[ねとらぼ]

 漫画『ワンピース』の非公式アートプロジェクトと称する「BUSTERCALL(バスターコール)」が批判を集めていた件で、主催側の窓口担当者は「公式Instagram上で声明を出す予定ではあるが、現時点でめどが立っていない」と明かしました。ねとらぼでは3月13日より同窓口のPR代理店に質問を行っていましたが、「関係各所に確認中のため」との理由で回答が得られていませんでした。


 BUSTERCALLプロジェクトには国内外約200人のアーティストが参加。原作から着想を得たイラストや造形物など、さまざまな二次創作作品がInstagram上で公開されていました。




 参加者には著名なアーティストも含まれ、これまでにロサンゼルスと上海で展示会を開催済み。日本でも展示会を予定(※新型コロナウイルスの影響で開催延期)するなど、「非公式」な企画としては大規模な展開を行っていました。

 ところが、同企画は「非公式」をうたっているにもかかわらず、2019年9月には『ワンピース』の作品公式Twitterアカウント「ONE PIECE スタッフ【公式】(@Eiichiro_Staff)」を通じて企画スタートの告知活動を行っていました。



 「@Eiichiro_Staff」では、アカウント名が突然「BUSTERCALL【公式】」に切り替わるといった、アカウント・ジャック風(?)の演出で情報を発信。第三者によるジャックが事実であれば不正アクセスに当たり犯罪となりますが、その後作品公式アカウントがジャックの件に言及していないのを見る限り、本当に不正アクセスだった可能性は極めて低そうです。

 逆にいえば、作品公式側と結託して行ったコラボレーションなのだとすると、「非公式」であるという企画の前提が崩れてしまい、ステマに当たる可能性が高くなります。

 こうした疑問点が、Webメディア「KAI-YOU」が3月11日に掲載したプロジェクト担当者へのインタビューを受けて再注目されることに。記事の公開後、BUSTERCALL側とKAI-YOU側の双方に批判が集まり、いわゆる炎上状態となっていました。


企画者のインタビューにより炎上状態に

 BUSTERCALLの企画担当者はKAI-YOUの記事で、『ワンピース』のグッズやアニメのクオリティーが「世界一の漫画にしては低い」と発言した上で、「自分たちでカッコいいコンテンツをつくってしまえ」という考えから、あくまで公式は関与しておらず、非公式な活動としてプロジェクトを立ち上げたのだと説明。また、プロジェクト内で製作したグッズなどにより収益を得るつもりはないと説明していました。

 記事公開の翌日、KAI-YOUは批判に応える形で追記文を掲載。インタビューにあたりBUSTERCALL側から金銭は受け取っておらず、記事はステマに当たらない点と、一部寄せられていた「BUSTERCALLプロジェクトは著作権を侵害しているのではないか」といった指摘に対し「法律上二次創作は認められている」と補足しました。


広告代理店は「関係各所に確認中」のためノーコメント

 KAI-YOUの追記は同媒体の立ち位置を釈明するものではありましたが、他方で「BUSTERCALL」プロジェクト自体への疑問は残る形に。

 WOMマーケティング協議会が定める、いわゆる「ステマ防止ガイドライン(WOMJガイドライン)」では、口コミを使った宣伝において偽装行為※の禁止や、広告主と発信者の「関係性」の明示が重要であると定めています。「BUSTERCALL」プロジェクトの非公式という建前と、作品公式アカウントとの連動には齟齬があり、見る側に「ステマ」を想起させてしまうのも無理はありません。

※現実とは異なる「情報発信者から発せられる情報」や「消費者行動の履歴」を、あたかも現実であるかのように表現すること。



 また、「BUSTERCALL」プロジェクトは広告代理店「イニシャル」をPR窓口として、メディア各社に向けたプレスリリースも配信していました。広告代理店に窓口業務やプレスリリースの送付を委託するには、それなりの費用が必要になるはずですが、こうした活動資金も企画者の持ち出しで、非営利の枠内で行っていたのでしょうか?

 ねとらぼではイニシャルに設置されている「『BUSTERCALL』PR事務局」宛てに、「BUSTERCALLプロジェクトは集英社公認の企画ではないという理解で合っているか」「作品公式アカウントがジャックされた演出はどういう経緯で行われたものか」などの質問を行っていましたが、「関係各所に確認中のため」との理由で回答が得られていませんでした。また、当初は3月19日までに何らかの声明を掲載予定としていましたが、その後24日に、声明公表日のめどが立っていないことを明かしました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」