ニュース
» 2020年03月24日 21時00分 公開

エア技で衝突、接触してないのに吹き飛ぶレスラー 新型コロナウイルス対策で非接触プロレス実施

衝撃波で吹き飛んでいるのかも。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米国プロレス団体「Game Changer Wrestling(GCW)」が、新型コロナウイルス対策として、選手同士が接触しないエア技を繰り広げる試合を無観客で実施し、その様子を無料ストリーミング配信しました。


コロナ対策で接触してないのに吹き飛ぶレスラー エア技で衝突するプロレス実施 1メートルくらい距離があります(画像はTwitterより)

コロナ対策で接触してないのに吹き飛ぶレスラー エア技で衝突するプロレス実施 当たってないけど当たってる(画像はTwitterより)


 エア技でレスラーが衝突する試合は、GCW開催の「Acid Cup」という大会で行われました。腕や脚は物理的に接触していませんが、まるで当たっているように吹っ飛ぶレスラーの動きに注目です。


 レフェリーはしっかりとマスクを着用。付けているのは覆面ではなく、医療用マスクです。レスラーが定番凶器のパイプ椅子を手に取ると、ウェットティッシュで消毒する様子を厳重にチェック。きちんと拭ききったことを確認して使用許可を出します。


コロナ対策で接触してないのに吹き飛ぶレスラー エア技で衝突するプロレス実施 凶器をしっかり消毒(画像はTwitterより)

コロナ対策で接触してないのに吹き飛ぶレスラー エア技で衝突するプロレス実施 ゴーサインが出たら使用可能(画像はTwitterより)


 各国政府は、新型コロナウイルス感染拡大を阻止するため、人と接触する機会を減らす「社会的距離(Social Distance)」を提示しています。この試合は「社会的距離」をプロレスのルールに組み込んだもので、「Social Distance Rules ジョーイ・ジャネラ vs ジミー・ロイド」と題して行われました。


 「Acid Cup」は3月19日と20日の2日間かけて開催されました。主催者はクラウドファンディングで、レスラーへの支援を募っています。レスラーの多くはチケットから収入を得ていますが、新型コロナウイルスの影響で困難に直面しており、集まった支援はすべてレスラーに寄せられるとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む