ニュース
» 2020年03月26日 08時30分 公開

「違う惑星の生き物に見える」「エイリアンみたい」 アクアマリンふくしまで展示中の超巨大タカアシガニが大迫力

青い水槽でお会いしましょう。

[かのん,ねとらぼ]

 福島県いわき市にある「環境水族館 アクアマリンふくしま」で、新しくやってきた超巨大タカアシガニの展示が始まりました。




タカアシガニってどんなカニ?

水深約200メートルの深海に生息している世界最大のカニです。大きいものだとハサミを広げた長さが4メートルにもなります。メスはオスのわかりやすい違いはハサミの大きさで、オスの方が大きいそうです。


 鴨川シーワールドから、タカアシガニが30匹以上暮らす同館にお引越ししてきたばかりの超巨大タカアシガニ。同館で展示されている通常のカニの2〜4倍の大きさなので、他のカニと比べるとよりその大きさが際立ちます。野生のタカアシガニは大きいカニ同士で縄張り争いが起きるといわれていますが、同館のカニたちは、エサの取り合いが時々あるものの、基本的には仲良く過ごしているそうです。


カニ 長い脚をいっぱいに広げた長さは約230センチ!

 日本でも有数の展示数とその姿から、来館者に「エイリアンのよう」「違う惑星の生き物みたい」と言われ、飼育員さんも「確かにそう思う」とコメントされるタカアシガニ。タカアシガニたちが足をひっかけて移動しやすいように作られた水槽の平らな岩は、ひび割れたような床と相まって、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

 また、タカアシガニの存在感をより際立て、来館者の目をぐっと引きつける役割を担っている青いライトは、深海まで届く青い光をイメージして使用しているんだとか。実際には、タカアシガニの生息する水深だと人の目では真っ暗で光を感じることはできないできないそうです。


カニ 大迫力!



 アクアマリンふくしま(@aquamarinestaff)のTwitterには、現在も元気に過ごす生物たちの写真や裏話がたくさん投稿されています。魚さんはもちろんのこと、動物たちのかわいい姿も見られます。



画像提供:アクアマリンふくしま

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン