ニュース
» 2020年03月26日 08時00分 公開

スポーツバーで撮影された闇の(?)ポーカーゲーム ある“貴重品”を賭けた勝負

周囲の人もにやけて勝負を見守ります。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ロンドンにある会員制クラブで、5人のプレイヤーが興じたポーカーゲームに居合わせた人々の視線が集まりました。賭けに使われたのは、チップではなくある“貴重品”だったのです。


スポーツバーで撮影された闇のポーカーゲーム ある貴重品を賭けた勝負 集まる周囲からの視線(画像はYouTubeより)

闇のゲーム開催

 会員制スポーツバー「エルサムテラスクラブ」で、プレイヤーが真剣な面持ちでテーブルにベットしたのはトイレットペーパー。チップではなく、貴重品となっているトイレットペーパーを賭けていたのです。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ロンドンではトイレットペーパーなどの買い占めが問題となっています。動画の撮影者はこのゲームのアイデアについて「みんなが慌ててトイレットペーパーを買うなか、それを賭けにしてポーカーをしたらおもしろいのではないかと思いました。いま現在において“貴重品”ですからね」と語っています。その結果は「参加者はとても楽しんでいました。おもしろいものでしたよ」と満足のいくものだったようです。


スポーツバーで撮影された闇のポーカーゲーム ある貴重品を賭けた勝負 チップの代わりにトイレットペーパー(画像はYouTubeより)

 動画では、1人が手持ちのトイレットペーパーをすべて賭ける「オールイン」をすると、続くプレイヤーたちも「オールイン」。そして勝者が決まると歓声が上がりました。勝者は喜びトイレットペーパーを天に放り、負けたプレイヤーの一人は悔しさから“貴重品”を勝者へ投げつけるのでした。


スポーツバーで撮影された闇のポーカーゲーム ある貴重品を賭けた勝負 勝利して大喜び(画像はYouTubeより)

スポーツバーで撮影された闇のポーカーゲーム ある貴重品を賭けた勝負 負けた悔しさでトイレットペーパーを投げつける人も(画像はYouTubeより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.