ニュース
» 2020年03月26日 23時17分 公開

週末は荒れた天気「滝のような雨」も 関東は山で雪か

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 九州は27日昼前まで大雨の恐れ、土砂災害に警戒。28日は寒気が入り、関東甲信の標高の高い所を中心に、夜は雨が雪に変わりそう。

この週末 どこで「荒れた天気」?

 26日木曜日は、西から雨が降り出しましたが、この週末は、西日本や東日本で、荒れた天気になる所があるでしょう。

 特に九州北部(山口県を含む)は、27日金曜日の昼前にかけて、カミナリを伴った激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の「滝のような雨」が降って、大雨になる恐れがあります。「滝のような雨」とは、傘が全く役に立たなくなり、水しぶきであたり一面が白っぽくなって視界が悪くなり、車の運転は危険なレベルです。

 27日金曜日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で山口県と佐賀県で180ミリ、長崎県で200ミリとなっています。佐賀県や長崎県などでは「27日金曜日の明け方にかけて、暗い時間に、雨のピークを迎える」のがポイントです。朝になって雨が弱まっても、斜面には絶対に近づかないで下さい。

 また、27日金曜日は、九州だけでなく四国でも大気の状態が不安定で、局地的に活発な雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。四国でも、バケツをひっくり返したような雨が降り、道路が川のようになることが考えられます。低い土地の浸水や、川の増水、落雷や竜巻などの突風に、十分ご注意下さい。

関東甲信 また週末に 雪か

 九州や四国に雨を降らせる雨雲は、27日金曜日の日中は、次第に東へ移るでしょう。今回、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」の流れ込みは、九州や四国が中心になりそうです。

 ただ、28日土曜日は、次の雨雲が西から進んでくるでしょう。28日土曜日から29日日曜日の朝にかけては、九州から関東にかけての広い範囲で、また雨が降りそうです。太平洋側を中心に、本降りの雨になる所もあるでしょう。

 そして、この雨のタイミングで「上空に、寒気が流れ込む」のがポイント。このため、28日土曜日の夜から29日日曜日の朝は、箱根や秩父、多摩など関東甲信の標高の高い所を中心に、雪が降る可能性がでてきました。関東の平野部では、今のところ、冷たい雨ですが、低気圧のコース次第や、寒気の流れ込み次第によっては、雪の範囲が広がることも考えられます。最新の予報を確認して下さい。

 3月14日土曜日には、桜が開花した都心で「雪」や「みぞれ」が観測されましたが、関東の平野部では、29日日曜日の日中も北風が冷たく、「花冷え」となりそうです。週末は、外出を控えて、冬物の洋服をしまいたいという方もいらっしゃるかと思いますが、冬の装いは、もう少し残しておいて下さい。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.