ニュース
» 2020年03月27日 10時00分 公開

窓辺にクマのぬいぐるみを置く草の根活動“クマ探し”SNSで広まる 外出規制中の子どもたちの散歩を楽しく(1/2 ページ)

クマを見つけて楽しむ遊び。

[関口雄太,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出が規制されるなか、子どもたちが道を歩くだけで楽しめるよう、窓際にクマのぬいぐるみを潜ませるハッシュタグ「#GoingOnABearHunt(クマ探しに行こう)」運動が、草の根的に広がっています。


自粛する子どもたちの散歩が楽しくなる 「クマ狩り」が草の根的なムーブメントに #GoingOnABearHuntを添えたInstagramの投稿

 TwitterやInstagramで投稿が続く「#GoingOnABearHunt」は、自宅の前や窓付近にクマのぬいぐるみをおいて、家の前を通過する子どもたちを楽しませようとするもの。投稿はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど世界各国で行われています。


 ムーブメントの発生源は明らかになっていませんが、ハッシュタグに使用される「GoingOnABearHunt」は、児童書『We're Going on a Bear Hunt(きょうはみんなでクマがりだ)』に由来するもののようです。この児童書はイギリスを中心によく知られた作品で、子どもたちが飼い犬を連れてクマ狩りへ出かける様子を描いています。


 「#GoingOnABearHunt」の投稿では、窓にひっそりと座るクマのぬいぐるみを眺められます。また「近所を散歩する子どもとご家族が、窓や庭にいるクマを見つけて楽しめます」「人との距離(ソーシャルディスタンス)を取りながら、簡単に楽しく交流できます」と参加を促す人の投稿も。




 クマ探し用のスタンプシートや地図を作り、本格的に楽しむ人も現れています。地域によっては、近隣住民にチラシを配布して参加を呼びかけているようです。家のなかから大小さまざまなクマ、ときにはパンダやコアラなども顔をのぞかせます。





 なお新型コロナウイルス拡散抑止の措置として、自宅待機命令などが各地で出されていますが、地域によっては屋外での散歩やハイキングなどは許可されています。例えば、米ロサンゼルスでは3月19日から1カ月間の自宅待機命令が出ていますが、屋外での散歩や運動は可能と発表。ただし、人と会う場合は少なくとも6フィート(約1.8メートル)の距離をおくことが必要です。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」