ニュース
» 2020年03月28日 14時10分 公開

コロナショックの飲食店を救えるか!? 飲食代の先払いサービス「さきめし」が注目集める

新しい応援の形。

[Kikka,ねとらぼ]

 Covid-19(新型コロナウイルス感染症)による影響で大きな打撃を受けているといわれる飲食業界を応援できるかもしれないサービス、「さきめし」が注目を集めています。これは新しい応援の仕方。


さきめし コロナ Gigiが展開するサービス「さきめし」

さきめしとは

 「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案するGigiが展開するのは、Covid-19対策として外出を控えている人がスマホアプリ「ごちめし」を通じて、応援したい飲食店へ自分の食事代“ごち”を先払いするというサービス。外出できるタイミングになったらその“ごち”で食事ができるほか、他の人に食事をごちそうできる「ご指名ごち」や「オープンごち」も使用可能です。


さきめし コロナ さきめしの利用方法

 決済後、店舗には最短1週間以内に料金が振り込まれるため、今すぐ店舗に行けないという場合でも応援の気持ちを伝えることで「苦境を手助けできる」とのことですが、有効期限は6カ月であることと、さきめしを入れた店舗が閉店してしまった場合には返金がされないのでその点は注意が必要です。

 “未来のお客さん”という形で“ごちそうさま”を先払いできる「さきめし」が発表されて以来、登録店舗は全国へ拡大中。Twitterでも「この制度いいかも!?」「こういうのいいな!」「素晴らしいシステム」といった声があがっています。

画像:さきめし公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.