ニュース
» 2020年03月30日 22時00分 公開

“神様が動物造りをデザイナーに外注したら、変な生き物できちゃった“ 動物の進化をデザインから学ぶ漫画が面白い(1/2 ページ)

知識と発見がいっぱい。

[k村,ねとらぼ]

 「こんな変わった生き物がいるのは何で?」一度は考えたことがあるそんな疑問に答えてくれる、面白くて学べる漫画がTwitterに投稿されています。投稿者は、漫画のプロットを担当した蛇蔵(@nyorozo)さん。


ALT そうなんだ……! がいっぱい



 ここは動物たちを造る場所、「天地創造社」のデザイン部。動物造りが面倒になった神様に委託されたデザイナーたちが、日々動物造りにいそしんでいます。デザイナー水島がデザインしたのは、馬に革新的なアイデアを足した“蛇”。前足も後ろ足も必要ない、子どもを生む穴とウンコをする穴ふたつも必要ない、と極限までそぎ落としたデザインを誇らしげに紹介します。


ALT 馬に革新的なアイデアをプラス……?


ALT それが蛇!

 そんな水島デザインの蛇に「気に食わないわ……」と文句を言う、デザイナーの金森。それは、水島デザインの蛇が自分がデザインした“鳥類”の天敵だから。鳥の卵を狙う蛇の中には、「決まった鳥の卵が好きすぎて、その鳥の卵がない時期は絶食する蛇、アフリカタマゴヘビ」なんて癖が強いヤツもいるんだそうです。そんなグルメな蛇がいるなんて……。


ALT 蛇に敵対心を持つデザイナー金森


ALT 絶対にきまった鳥の卵しか食べない蛇もいるんです

 鳥の卵を狙う蛇に対応するため、「食べられにくい卵」のデザインを考えることになったデザイナーたち。「蛇が消化できないほど殻を丈夫にしてみたら?」「蛇が来たら早めに生まれちゃうとかは?」などのアイデアが出ますが、試作品はことごとく失敗に。生き物の進化の過程も、こんな風に試行錯誤の連続なんだろうな……!


ALT 殻を丈夫にしてみたけれど……


ALT 蛇が近づく→すぐに生まれる仕様にしてみたけれど

 最終的には卵そのものを強化するのではなく、「巣を風呂敷のようにぶら下げる鳥を考える」と発想の転換をした金森たち。なるほど、これならどんなグルメ蛇でも卵を狙うことはできません。実際にいる「ハタオリドリ」はこんな風に進化を遂げていったのかもしれませんね。


ALT 発想の転換!

 しかし、これで終わらないのがクセの強い動物たち。金森の渾身のデザイン、「ハタオリドリ」は蛇とのデッドヒートを繰り広げ、金森の思わぬ進化を遂げてしまいます。「ううっ 美しくないわ……」と嘆く金森は、最後に皆が思いもかけないデザインの鳥を生み出して……。天使役の下田くんが思わず「食物連鎖はこうやって生まれてるのか……」とつぶやいてしまったオチとなりました。


ALT これなら蛇に卵を狙われない!


ALT 鳥が蛇を食べちゃう逆転現象……!

 「なぜこの動物はこんな姿に?」という疑問に、最新の研究や科学的な考え方を織り交ぜておしえてくれる「まんが 動物そんなのいるんだ 〜『天地創造デザイン部』カラー版〜」は、描き下ろしの動物図鑑付き。Amazon他全国の書店で販売されており、子どもでも読みやすい全年齢向けの内容です。

 「天地創造デザイン部(コミックス1〜4巻)」と「まんが 動物そんなのいるんだ 〜『天地創造デザイン部』カラー版〜」の作画は、たら子(@tarako73p)さん、ネームは鈴木ツタ(@suzukitsuta)さん、プロットは蛇蔵(@nyorozo)さんが担当しています。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響