ニュース
» 2020年03月30日 16時54分 公開

町工場のおやじがレーザーで金属板に刻んだ「NEVER GIVE UP」 技術力とメッセージが感動を呼ぶ

投稿主は金属加工を手がける会社の代表取締役。制作の経緯を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「今、困難を乗り切ろうと頑張っている全ての人へ」――ある町工場がTwitterにて、金属加工技術を用いたメッセージ動画を発信しました。工業用レーザーが金属板(ステンレス)を掘って世界の復興を願うイメージを描き、「NEVER GIVE UP」と刻んで勇気づけます。


NEVER GIVE UP レーザーマーキングで刻まれた願い

 話題を呼んでいる動画は、金属加工を手掛ける協立工業社および星野金型社の代表取締役・森下一(@kyoritsu_1962)さんが投稿した作品。レーザーがパチパチと光り、地球がウイルスに侵されるイメージを描き出すところから始まります。


NEVER GIVE UPNEVER GIVE UP

NEVER GIVE UPNEVER GIVE UP 閃光が走るたびに、戯画化されたウイルスが出現

NEVER GIVE UP 地球のピンチが描かれる

 しかしこの陰鬱な様子は、さらなる照射で一変。一面がじわじわと光り、ウイルスが塗りつぶされていきます。


NEVER GIVE UP

NEVER GIVE UP

NEVER GIVE UP 上下左右へ光が走り、まっさらな状態に

 まっさらになった板に、再びレーザーの光が射しこみ、再びイラストが描画されていきます。出来上がったのは、回復した地球を包み込む大きな手、そして「NEVER GIVE UP」のメッセージでした。


NEVER GIVE UP

NEVER GIVE UP 緻密な線が復興のイメージを描画

NEVER GIVE UP

NEVER GIVE UP

NEVER GIVE UP メッセージはバチバチと光を放ちながら深く刻まれる

 現状の困難と、願われる復興を描いた動画は広く拡散され、「勇気が湧く!」「金属だけど温かい」と好評。大勢に「町工場のおやじすごい!」と賞された森下さんに、編集部は詳しい話を聞きました。


暗い、つらいニュースの間に、ほんの少しだけホッとできるものを


――動画制作の経緯を教えてください。

森下 毎日コロナウイルスで大変な、先が見えないニュースばかり目にしていたところ、スポーツ選手や著名人が、少し気の紛れるような応援動画をアップし始めたのを拝見しました。そのとき私には何ができるだろうと考え、いつも作っているファイバーレーザーの加工動画で、暗い、つらいニュースの間に、ほんの少しだけホッとできるようなものを作りたいと思ったのがきっかけです。


――一度描かれた絵が消える場面が不思議でした。どういう仕組みなのでしょうか。

森下 最初はステンレスの板に、薄く絵を彫っています。次に、1番最初の絵よりも深く、細かいピッチで板全体を彫ることで、最初の絵を消してしまいます。そして、手の絵はさらに出力を上げて深く彫り、最後のメッセージは出力をMAXにして深く、強く彫る事で焼き色を出しています。

――動画では一瞬で絵ができていくように見えますが、編集を加えていますか?

森下 Twitterには投稿できる動画の長さに制限があるので、ところどころ早送りをしています。ちなみに、私の動画は全て、映像作家をしている弟が編集してくれています。

――新型コロナウイルスについて、本業に影響はありましたか?

森下 弊社は自動車や鉄道、医療、業務用厨房、建築関連の金属部品、金型を製造する、全体で従業員約50人の工場ですが、社員の衛生環境を整えるため、さまざまな工夫が必要になったり、打ち合わせや出張ができなくなったりと、徐々に影響が出始めています。新しい案件も随分と少なくなっていますし、流れてしまうものもあります。幸い、現時点では、経営が傾くような大きな影響はまだ出ていません。

 ただ、本当の意味で業績に影響が出始めるのは最終メーカーのお客さまが製造ラインを止めたあと――時間差でわれわれ零細企業に大きな大きな影響が出始めると思います。先日から自動車メーカー様のライン停止が報道されていますが、われわれに影響が出始めるのも時間の問題であると考えています。

動画提供:森下一(@kyoritsu_1962)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた