連載
» 2020年03月30日 17時30分 公開

先回りしすぎな相談者のマリッジブルー。生まれていない子どもの転校や、まだ元気な親の介護に心配募らす 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

ちょっと先回りしすぎかも!?

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは3月24日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。

 遠距離恋愛をしていた彼氏からプロポーズされたが、引っ越すことに心配があるという相談。

テレフォン人生相談

何もかも不安になってしまう相談者

 相談者は30歳女性。両親はともに60代。ふたりの兄がいる。

 相談者には付き合って9カ月くらいになる彼氏がおり、最近プロポーズされたのだという。

 「ホントに私もカレのことが好きなのですごくうれしかったんですけど。ただ条件が……今私が住んでいるところからかなり離れたところに住んでいて」

 せっかく遠距離恋愛を成就してプロポーズされたわけだが、遠恋カップルの結婚とはどちらかが引っ越しをするということ。そこが引っかかっているという。

 彼氏は自分が転職するという選択肢は考えておらず、当然、相談者が彼氏の元に来てくれると思っているようだ。

 「私もそういうところをちょっとあやふやにしながら付き合ってきたところはあるので……」

 両親に相談をしたところ「大事に育ててきたから遠くには行ってほしくない」とは言われたものの、最終的には「自分で決めればいいよ」と言ってくれたという。

 やはり彼氏とは別れられないと考えた相談者は「行きます」という返事をした。しかしまだ気持ちが揺らいでいるという。

 「地元、離れたくないっていうのとか、まったく知らない土地に行くっていうのとか、色んな不安が出てきちゃって……」

 そういった不安についてカレが「ちゃんとフォローしていく」と言ってくれたことで、再び「やっぱり付いて行きたいです」と返事をした。……が!

 「返事してからもちょっと悩んじゃって」

 ゆ、揺れてる!

 ここまで悩む引っ越し問題。彼氏の住む地域はどの程度離れているのかというと「飛行機に絶対乗らないと行けない」くらいの場所とのこと。北海道や沖縄ということなのだろうか。

 「今、住まわれているところにものすごく執着しているように思うんだけど、理由は何なの?」

 「家族がいるっていうことと、あとは友達もいるし。仕事も特に辞める理由もなくて……」

 「仕事を辞めたくはないっていうこと?」

 「正直、辞めてもいいかなと思っています」

 今の勤め先にこだわっているわけではないが、彼氏の住んでいる地域で求人をチラチラ見てみたところ、相談者がやりたいと思うような仕事はなかったという。具体的には語っていなかったが、どうやら彼氏が住んでいるのは結構な田舎のようなのだ。

 そしてもうひとつ、相談者が引っかかっているのは住居のこと。現在、親の持ち家に住んでおり「将来、いい人がいたら(一緒に)住んでいいよ」と言われているんだとか。

 「それをカレに言ったら『結局、お金か』みたいなことを言われちゃったんですけど。そっち(彼氏)の方に行くとしたらたぶん、マイホームとかは望めないと思っていて。『生活レベルはちょっと落ちる可能性はあるね』って言われていて」

 持ち家なのはいいが、相談者が「結婚相手は親と同居してくれる人!」とか考えているんだとしたら、なかなか相手を選ぶ話だ。

 これだけ生活拠点の変化に難色を示すあたり、地元から出たことがないのかもと思いきや、海外で生活していたこともあるという。

 「友達から言わせると『あんなにいろいろあちこち行ってたのに、たかが日本、同じ日本語が話せるところで何をそんなに悩んでるのかが分からない』とは言われて」

 一時的に留学するのと、結婚して移住するのでは話は違うとはいえ……。

 「彼氏はその土地の企業かなんかに勤めてて。これ、転職する予定は全然ないの?」

 「それもありまして。ただ、私の住んでいる地域には(支社が)ないらしいので」

 「そうすると、近くなったりすることもあり得るっていうことでしょ?」

 今井通子は、転勤することで多少実家に近づくこともあるんだから……と言いたかったのだと思われるが、相談者的にはこの転勤も心配なのだ。

 「転勤があるっていうのも私の中ではちょっと引っかかっちゃって。子どもが転校生になるとか」「私は大丈夫かもしれないんですけど、子どもがそれで悩んだらどうしようって思っちゃったりとかしちゃって」

 まだ妊娠すらしていない子どもが転校するしないで悩んでも……。この相談者、何事も先回りして勝手に心配しすぎだ。

テレフォン人生相談 不安が募っている相談者

人生のスケールが見えちゃったらつまらないでしょ

 この日の回答者は、精神科医の高橋龍太郎。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」