ニュース
» 2020年03月31日 22時33分 公開

消費者庁、EMS機器販売業者に措置命令 合理的根拠認められず

[ねとらぼ]

消費者庁は、EMS(神経筋電気刺激療法)機器の販売業者4社に対し、景品表示法違反(優良誤認)があったとして措置命令を行ったと発表しました。


消費者庁

 措置命令を受けたのは「オークローンマーケティング」「ディノス・セシール」「プライムダイレクト」「ヤーマン」。

 4社は、テレビ番組や自社Webサイトで、EMS機器の使用で痩身効果が得られることなどを表示。しかし、消費者庁がこれについての資料を求めたところ、いずれも合理的根拠を示しているとは認められなかったとしています。


消費者庁

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.