ニュース
» 2020年04月01日 14時40分 公開

虚構新聞がエイプリルフールに“本当”記事掲載 社主「わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか」

「やられた」「そういうことか!って声出た」などの反応も。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 虚構ニュース“のみ”を扱うニュースサイト虚構新聞が、エイプリルフールに掲載した記事が話題となっています。ネット上では「あっ、そういうことか!って声出た」「だまされた」といった反応も。


虚構新聞エイプリルフール

 虚構新聞が4月1日に掲載したのは、「新型コロナ『“他人事”ではなく“自分事”に』 識者に聞く」との記事。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「まず科学に基づいた確実な情報を知ることが大切です」とし、科学コミュニケーターの本田隆行さんに取材しています。あれ、どこに“虚構”要素が……?

 記事では「今回の新型コロナウイルスについていま分かっていること」「感染するとどのような症状が出るのか」「どうすれば感染を予防できるのか」などを本田さんに聞いており、新型コロナウイルス対策として普通に役立つ内容。最後に(※今日4月1日はエイプリルフールです。)という謎の注釈があり、それで記事は締めくくられています。

 実はこの記事、タイトルの後ろをよく見ると白文字で「これは嘘ニュースではありません」とのメッセージが。普段からウソしかついていない虚構新聞の場合、エイプリルフールは年に1回だけ「本当のことを書ける日」なんですね。

 なぜこのような記事を掲載したのか、虚構新聞社主のUKさんに聞きました。

―― なぜこのような記事を掲載したのでしょうか。

 4月1日のエイプリルフールは本紙が本当のことを書ける唯一の日です。「新型コロナに関するデマはやめよう」という流れの中で、新型コロナに関する正しい情報を分かりやすく伝えることが今の時期に最も適した記事だと考え、科学コミュニケーターの本田隆行さんに解説をお願いしました。毎年4月1日は本紙への注目が高まる日なので、今回の記事が正しい情報を広く読んでもらえる機会になればと思います。

―― エイプリルフールについて虚構新聞の立場からどう思いますか。

 わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか。




 虚構新聞がWebサイト上で「(逆)エイプリルフールネタ」を実施するのは実は4年ぶり。2016年にはシャープさん(@SHARP_JP)に取材し、シャープの「゜」紛失事件(関連記事)についてインタビューしていました


虚構新聞エイプリルフール 「 ゜」紛失から半年 シャープ公式「中の人」に聞く(虚構新聞)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」