ニュース
» 2020年04月01日 14時40分 公開

虚構新聞がエイプリルフールに“本当”記事掲載 社主「わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか」

「やられた」「そういうことか!って声出た」などの反応も。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 虚構ニュース“のみ”を扱うニュースサイト虚構新聞が、エイプリルフールに掲載した記事が話題となっています。ネット上では「あっ、そういうことか!って声出た」「だまされた」といった反応も。


虚構新聞エイプリルフール

 虚構新聞が4月1日に掲載したのは、「新型コロナ『“他人事”ではなく“自分事”に』 識者に聞く」との記事。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「まず科学に基づいた確実な情報を知ることが大切です」とし、科学コミュニケーターの本田隆行さんに取材しています。あれ、どこに“虚構”要素が……?

 記事では「今回の新型コロナウイルスについていま分かっていること」「感染するとどのような症状が出るのか」「どうすれば感染を予防できるのか」などを本田さんに聞いており、新型コロナウイルス対策として普通に役立つ内容。最後に(※今日4月1日はエイプリルフールです。)という謎の注釈があり、それで記事は締めくくられています。

 実はこの記事、タイトルの後ろをよく見ると白文字で「これは嘘ニュースではありません」とのメッセージが。普段からウソしかついていない虚構新聞の場合、エイプリルフールは年に1回だけ「本当のことを書ける日」なんですね。

 なぜこのような記事を掲載したのか、虚構新聞社主のUKさんに聞きました。

―― なぜこのような記事を掲載したのでしょうか。

 4月1日のエイプリルフールは本紙が本当のことを書ける唯一の日です。「新型コロナに関するデマはやめよう」という流れの中で、新型コロナに関する正しい情報を分かりやすく伝えることが今の時期に最も適した記事だと考え、科学コミュニケーターの本田隆行さんに解説をお願いしました。毎年4月1日は本紙への注目が高まる日なので、今回の記事が正しい情報を広く読んでもらえる機会になればと思います。

―― エイプリルフールについて虚構新聞の立場からどう思いますか。

 わざわざエイプリルフールに嘘をつかなくてもいいんじゃないでしょうか。




 虚構新聞がWebサイト上で「(逆)エイプリルフールネタ」を実施するのは実は4年ぶり。2016年にはシャープさん(@SHARP_JP)に取材し、シャープの「゜」紛失事件(関連記事)についてインタビューしていました


虚構新聞エイプリルフール 「 ゜」紛失から半年 シャープ公式「中の人」に聞く(虚構新聞)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた