ニュース
» 2020年04月02日 11時30分 公開

どひぇぇマジか、200馬力! カワサキZシリーズの最高峰「Z H2」登場 Ninja H2譲りの怪物パワーと過激デザイン(1/3 ページ)

街乗りできる猛獣……だそうです。お値段189万2000円から。【写真19枚】

[松本健多朗,ねとらぼ]

 川崎重工業(カワサキ)は4月1日、ネイキッドスタイルのスポーツバイク・Zシリーズの最上位モデル「Z H2」を発表。販売子会社カワサキモータースジャパンから2020年4月4日に発売します。

カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) カワサキZシリーズの最高峰モデル「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同)

 Z H2は、同社のモンスターバイク「Ninja H2」(関連記事)譲りのスーパーチャージャー(過給器)付きハイパワーエンジンを搭載したネイキッドスポーツスタイルの最上位モデル。「猛獣」を思わせるデザインテーマで、見る人を圧倒させる攻撃的で個性豊かなスタイルも魅力です。

 パワートレインは、Ninja H2譲りの998cc直列4気筒スーパーチャージドエンジン(同社は過給機構をエンジンと一体化させていることから、一般的なスーパーチャージャー付きエンジンと区別して呼んでいる)に、クイックシフター搭載6速MTの組み合わせ。最大出力200馬力(147kW)、最大トルク14.0kgf-m(137Nm)を発生します。

野生味を視覚化したSUGOMIデザインを採用 野生味を視覚化した「SUGOMI&Minimalist」と呼ぶデザインコンセプトを採用
Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載 Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載

 このハイパワーを余すことなく走れるように、進化したABS「KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)」や、コーナリング中のエンジンやシャシーなどの状態を常に管理してパワーやブレーキを最適な状態に保つ「KCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)」などの高度な電子制御機能も搭載します。

 車体サイズは2085(全長)×810(幅)×1130(高さ)ミリ、シート高は830ミリ。重量は240キロ。タンク容量は19リットル、燃費性能はリッター16.9キロ(WMTCモード値)。発売は2020年4月4日。価格は189万2000円(税込)からです。

フォトギャラリー

カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) 野生味を視覚化したSUGOMIデザインを採用 Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載 カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) カワサキ「Z H2」 カワサキ「Z H2」 カワサキ「Z H2」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響