ニュース
» 2020年04月02日 11時30分 公開

どひぇぇマジか、200馬力! カワサキZシリーズの最高峰「Z H2」登場 Ninja H2譲りの怪物パワーと過激デザイン (1/3)

街乗りできる猛獣……だそうです。お値段189万2000円から。【写真19枚】

[松本健多朗,ねとらぼ]

 川崎重工業(カワサキ)は4月1日、ネイキッドスタイルのスポーツバイク・Zシリーズの最上位モデル「Z H2」を発表。販売子会社カワサキモータースジャパンから2020年4月4日に発売します。

カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) カワサキZシリーズの最高峰モデル「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同)

 Z H2は、同社のモンスターバイク「Ninja H2」(関連記事)譲りのスーパーチャージャー(過給器)付きハイパワーエンジンを搭載したネイキッドスポーツスタイルの最上位モデル。「猛獣」を思わせるデザインテーマで、見る人を圧倒させる攻撃的で個性豊かなスタイルも魅力です。

 パワートレインは、Ninja H2譲りの998cc直列4気筒スーパーチャージドエンジン(同社は過給機構をエンジンと一体化させていることから、一般的なスーパーチャージャー付きエンジンと区別して呼んでいる)に、クイックシフター搭載6速MTの組み合わせ。最大出力200馬力(147kW)、最大トルク14.0kgf-m(137Nm)を発生します。

野生味を視覚化したSUGOMIデザインを採用 野生味を視覚化した「SUGOMI&Minimalist」と呼ぶデザインコンセプトを採用
Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載 Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載

 このハイパワーを余すことなく走れるように、進化したABS「KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)」や、コーナリング中のエンジンやシャシーなどの状態を常に管理してパワーやブレーキを最適な状態に保つ「KCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)」などの高度な電子制御機能も搭載します。

 車体サイズは2085(全長)×810(幅)×1130(高さ)ミリ、シート高は830ミリ。重量は240キロ。タンク容量は19リットル、燃費性能はリッター16.9キロ(WMTCモード値)。発売は2020年4月4日。価格は189万2000円(税込)からです。

フォトギャラリー

カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) 野生味を視覚化したSUGOMIデザインを採用 Ninja H2譲りのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載 カワサキ「Z H2」(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) カワサキ「Z H2」 カワサキ「Z H2」 カワサキ「Z H2」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2 CARBON」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」 カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2R」2015年モデル カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE+」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」 カワサキ「Ninja H2 SX SE」
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.