ニュース
» 2020年04月03日 10時00分 公開

インド、新型コロナウイルス型ヘルメットでパトロールするおまわりさん「コロナ・コップ」が人気に(1/2 ページ)

かっこいい。

[ねとらぼ]

 新型コロナウイルスの危険性を市民に伝えるべく、自らウイルス型のフルフェイスヘルメットを着用し任務にあたるインドの警察官が国際的に注目を集めています。


現地ジャーナリストPramod Madhavさんがツイートした動画より


 話題になっているのは、南インドの都市チェンナイの警察官ラジェシュ・バーブさん。インドでは3月25日から全土でロックダウン(都市封鎖)が行われていますが、市民の危機意識が足りないと考えたバーブさんは、ウイルス型のヘルメットを装着しパトロールへ。封鎖を無視して出歩く市民を取り締まっています。

 コロナウイルスは表面にタンパク質の突起が複数並び、それが王冠(コロナ)のように見えるのが名称の由来。バーブさんのヘルメットもニョキニョキと不気味な突起が再現されていて、なんともいえない迫力があります。



 ヘルメットを製作したのは、現地アーティストのキング・ゴウサムさん。目に見えない驚異であるウイルスを顕在化させることで、ウイルスの怖さを知ってもらうねらいがあるようです。ゴウサムさんは反響を受けて、4月2日には新作「コロナ・ウォリアー」も発表。コロナ・ウォリアーはヘルメットに加えて、ウイルスの形を模したこん棒と盾がセットになったフル装備となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10