ニュース
» 2020年04月03日 08時58分 公開

「マジック・ザ・ギャザリング」の「ゴジラ」コラボカードに「死のコロナビーム」 追って削除・変更へ

印刷変更ができなかったため、初版には当該のカードが含まれます。

[ねとらぼ]

 カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」を出版するWizards of the Coastは、「ゴジラ」シリーズとコラボしたカードに、「死のコロナビーム」の記載があると明らかにし、削除・変更を行うと発表しました

当該のカード

 当該のカードはスペースゴジラをあしらったもので、カード名は「死のコロナビーム、スペースゴジラ」と記載されています。コロナビームはスペースゴジラのビーム兵器として映画に登場したもの。

 Wizards of the Coastは、カードが完成したのは数カ月前で、当時「世界はまったく異なる状況でした」と説明。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で、「コロナ」という言葉が別の意味を帯びるようになった時点で、カード名の印刷変更は不可能だったとしています。

 このためスペースゴジラのカードを含む「イコリア:巨獣の棲処」の初版(4月17日発売)はこのカードを含んだまま出荷。「可能な限りの方法で段階を追って当該カードの削除と変更を行う」予定としています。再販ではこのカードを削除し、PCゲーム「マジック:ザ・ギャザリング アリーナ」ではカード名を「虚空の侵略者、スペースゴジラ」に変更、オンラインゲーム「Magic Online」ではこのカードは出現しない予定。

変更後のカード

 「この状況の中で私たちが大切にしているのは、皆さまの健康と安全です」とWizards of the Coast。同社は感染防止のため、イベント変更などの対策を行っています。

コラボカード(クリックで拡大) TM & (C) TOHO CO., LTD.
「イコリア:巨獣の棲処」予告映像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.