ニュース
» 2020年04月07日 21時00分 公開

猫vs.雪だるま、3年目の戦いの結果は……!? 雪だるまに前足で挑みかかる猫ちゃんの頑張りにほっこりする

初年度は引き分け、2年目は圧勝。3年目は……?

[錆,ねとらぼ]

 雪だるまと戦う猫ちゃんが、Twitterで注目を集めています。3段の雪だるま、これは手ごわいぞ……!



さにたすさんてちくわ丸の人さん さんてくんは敵となる雪だるまをじっくり検分

 飼い主さんが作った雪だるまと室内でご対面したのは、3歳の猫「さんて」くん。3段の雪だるまを一通り見下ろした後、右前足で攻撃を開始します。さんてくんの攻撃が頭部にヒットしますが、しっかりと固められた雪の塊はビクともしません。


さにたすさんてちくわ丸の人さん 右前足で攻撃を開始

さにたすさんてちくわ丸の人さん 次は左前足で頭頂部を狙います

 崩れない雪だるまを前に疲れてきたのか、右前足から左前足での攻撃に移ります。頭頂部を目掛けて連打するさんてくんですが、外から聞こえてくる屋根の雪が落下する音に気もそぞろ。ついには前足を止めて雪の音に集中してしまいました。さんてくんと雪だるまの戦いは、さんてくんの戦闘放棄により雪だるまの勝利です!


さにたすさんてちくわ丸の人さん 雪の落下音に気もそぞろ

さにたすさんてちくわ丸の人さん さんてくん、戦闘放棄してしまいました

 さんてくんと雪だるまのバトルは今回で3年目。初年度は初めての雪にこわごわと触れて引き分け、2年目はさんてくんの攻撃が雪だるまの脳天に直撃し圧勝でした。Twitterのリプライ欄には「因縁の対決が見れて幸せです」「今回は集中力欠けてます」と1、2年目の戦いを踏まえて2020年の様子を見守るコメントが集まっています。

 2020年は「そもそも飼い主が雪だるま作りを張り切り過ぎた」と飼い主さんが言うように、雪だるま攻略の難易度が高かったようです。さんてくん、健闘しましたね……!

 さんてくんは3歳のハリネズミ「さにたす」ちゃんと同居しており、2匹のかわいい写真や動画はTwitter(@tikuwamaru0728)Instagramで見られます。2021年もまたさんてくんと雪だるまの戦いが見られることを楽しみにしています。






画像提供:さにたすさんてちくわ丸の人(@tikuwamaru0728)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた