ニュース
» 2020年04月07日 16時40分 公開

新型コロナで子どもが休校になった保護者向けの支援金、風俗業従事者への支給が決定

SWASHの要望書がほぼ認められた形です。

[不義浦,ねとらぼ]

 厚生労働省は4月7日、新型コロナウイルスの影響で子どもの世話をする必要が生じ、休業せざるを得なかった保護者向けの支援金制度について、風俗業従事者も支給対象に含めると発表しました関連記事)。


コロナウイルス休業 支援要領が改正されました


コロナウイルス休業 風俗業従事者も支給対象に(厚生労働省より)

 この支援金は、子どもを持つ事業主及びフリーランスの保護者に対し、休校などで子どもの世話をする必要が生じて仕事を休んだ場合、フリーランスには1日あたり4100円、事業主には1日あたり8330円を支給するというものです。

 いずれも支給しない対象を定めた「不支給要件」に風俗業従事者が記載されており、セックスワーカー支援団体「SWASH」から要望書が出るなど、大きな批判を受けています。4月6日の衆議院決算行政監視委員会でも複数の議員から本件についての質疑があり(関連記事)、風俗業従事者への支給を訴える動きがありました。

 

 支援金には、労働者を雇用する事業者向けと業務委託で働くフリーランス向けがありましたが、その双方において風俗業従事者を新たに対象に含める形へ、支給要領が改正されました。SWASHの要望書がほぼ採用されたことになります。


コロナウイルス休業 フリーランス向け支援金の不支給要件から風俗業従事者が削除されている!(厚生労働省より)


コロナウイルス休業 事業者向けの不支給要件からも風俗業従事者が削除された(この「ニ」が風俗業従事者)(厚生労働省より)

 不支給要件に風俗業従事者が含まれていた背景には、従来の雇用関係助成金制度の不支給要件がそのまま流用されたためです。今回の支援金では風俗業従事者が対象に含まれましたが、大元の雇用関係助成金の不支給要件には現在も風俗業従事者が記載されています。雇用関係助成金における不支給要件の再検討は今後の課題となるでしょう。

 なお、事業者向けの支援金は、支給対象期間を変更する予定です。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」