ニュース
» 2020年04月07日 20時52分 公開

「恐れるべきは恐怖それ自体」 緊急事態宣言で総理がSNSデマへの注意呼びかけ 地方への移動も「厳に控えて」

トイレットペーパーデマの経験を繰り返さないように。

[ねとらぼ]

 安倍総理は4月7日、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受け、「恐れるべきは恐怖それ自体」と、あらためてSNS上のデマやそれに基づいたパニックへの注意を呼びかけました。


緊急事態宣言 (C)AbemaTV

 7日19時から行われた記者会見での発言。総理は緊急事態宣言に関する対応について、海外で行われているようなロックダウン(都市封鎖)や道路封鎖などは行わず、電車やバスなどの公共交通機関も運行を続けることをあらためて明言。そのうえで、デマの拡散によりトイレットペーパーが不足する事態に陥ったことに言及しつつ、「見えない敵に大きな不安を抱くのは私もみなさんと同じ」と語り、「誤った情報によりパニックを起こしてしまうと、ウイルス自体のリスクを超える、甚大な被害をもたらしかねない」と、国民に対し冷静な対応を要請しました。また、中でも「地方に移動すること」については、地方には重症化のリスクが高い高齢者も多いとし「厳に控えていただきたい」と特に強く自粛を呼びかけています。


緊急事態宣言 一時はデマ拡散によるトイレットペーパーの買い占めが問題に

※画像は経済産業省のTwitterより


 この他、総理は今後の感染状況について、このまま推移すれば2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超えるとの試算もあると説明。これを防ぐためには人と人との接触機会を最低でも7割、できれば8割減らす必要があるとし、あくまで「自分が感染者かもしれない」という意識を持って行動することが、他人やひいては自分の命を守ることになると強調しました。また、事態が切迫していることを受け、特別措置法の権限はあくまで各都府県の知事が行使するものであるとしつつも、政府からも「生活の維持に必要な場合を除き、みだりに外出しないよう要請」すべきとの考えも示しています。

 会見中、総理は再三、今回の緊急事態宣言について「政府や自治体だけの取り組みではこの緊急事態を乗り越えることはできません」「全てはみなさんの行動にかかっています」と、国民の協力を強く呼びかけました。既報の通り、日本では海外のように強力な権限によるロックダウンなどは行われませんが、それだけに国民一人一人の自主的な協力が重要となりそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響