インタビュー
» 2020年05月01日 20時00分 公開

【仕事のグチ、聞かせてください】職場の“匿名意見箱”を悪用した個人攻撃→退職に追い込まれたというお話(1/2 ページ)

相談窓口に通報しても「証拠にするには匿名性が高い」と泣き寝入り。

[ねとらぼ]

 「仕事には楽しくないこともある」というのは誰もが知っていること。しかし、この言葉だけでは“楽しくないこと”の具体例は見えてきません。そこで読者インタビューを通じて、働く人の生の声を紹介する連載企画「あなたの仕事のグチ、聞かせてください」。

 今回は「オフィスなどに設置されている“匿名意見箱”の悪用により、誹謗(ひぼう)中傷を受け退職に追い込まれてしまった」というAさん(女性/匿名)にお話を伺いました。

部署の内情まで把握している“匿名の投書”



―― どんな職場で働いていましたか?

 約1年前まで官公庁施設で事務職として勤めていました。

―― 退職のきっかけは?

 職場の匿名意見箱に、私個人や上司宛ての罵倒が送られるようになったんです。

 意見箱に厳しい声が寄せられること自体は珍しくありません。それらは主に「この業務内容が悪い(例:掃除が行き届いていない)」というもので、とても参考になります。改善点が見つかるきっかけになり、「じゃあこうしよう」と考えられますから。

 ですが、「この業務内容が悪い」ではなく「この業務内容が悪いのはお前が担当しているからだ」という風に個人攻撃する投書が不定期に送られるようになって。

 特徴的な筆跡、「こんな業務をする貴方はさぞ優秀なのでしょうね」的な皮肉の言い回し、それから、部署の内情が分かっていないと書けない内容だったことから、私も周囲も「あいつか……」という感じでした。

―― 送り主の心当たりがあったんですか?

 私のいた部署に以前、“問題行動を起こして他部署に異動になった男性職員”がいたんです。1年半ほど一緒に働いていて、「コミュニケーション面で面倒な人だな」と思っていました。

 というのも、本人は職場のことを考えて行動していたつもりだと思うのですが、「自分の意見は全て正しい」「周囲の人間は見下す」「他の人が担当していることでも相談なしに手を出してしまう」というタイプで……。何かと問題行動を起こすので、どこも異動先として引き取りたがらないような人物です。

個人攻撃の投書でも「努力します」と貼り出し



―― その投書にはどう対応していたのですか?

 匿名意見箱への投書は基本的に、回答を添えたうえで掲示板に貼り出していて。件の投書も「努力します」みたいに返して、掲示していました。他に回答のしようがなかったのです。

―― それでも、他の投書と同じように扱っていたんですね

 こちらが不快に思ったから貼り出さないとなると「なぜ回答しない。やましいことがあるからだろう」とさらに追求されるでしょう。それに、私も周囲も「あの男性職員が書いたのだろう」と推測していたものの、匿名だったので断定ができなくて。万が一、違う人物からの投書だったら、それを無視してしまったことになります。

 ほとんどの人は、掲示された件の投書を見て「くだらないことをするね」「こんなの気にしないで」という感じで、こちらに同情的でしたし、私も最初は「相手にするだけムダ」という感覚でした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる