ニュース
» 2020年04月08日 18時35分 公開

新型コロナで「支援を求めるゲーセン」&「応援したいゲーマー」をつなぐサイトが公開 「手を差し伸べられたはずなのに」と後悔しないために

ゲームカフェやゲームショップの情報も募集中。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により商業施設の経営状態が心配されるなか、支援求めるゲーム関連施設(ゲームセンター、ゲームカフェ、ゲームショップなど)と支援したいゲームファンをつなぐ情報サイトが公開されました。

 通販やクラウドファンディングなどの方法で、外出自粛要請下でも支援可能な店舗の情報を収集・掲載しています。


全国ゲーム屋コロナウイルス対応支援窓口一覧

有名店も大きな影響を受けています(画像はゲーセンミカド公式サイトより)


 東京都の有名店「ゲーセンミカド」が売り上げ減からクラウドファンディングを発表するなど、新型コロナウイルスによる外出自粛はゲームセンターの経営にも暗い影を落としています。

 こうした危機的状況に、支援を求める全国のゲーム関連施設について情報を収集し、一覧化しようとするサイトが公開されました。

 遊び場を守りたいゲームファンに支援方法を広める目的。また、通販やクラウドファンディングなど、通常の営業が難しくとも経営を存続する手段があると事業者に知ってもらう狙いもあるといいます。

 企画したのは、ゲームSF小説「The video game with no name」の作者・赤野工作(@KgPravda)さん。深すぎるゲーム愛でも知られる赤野さんに、サイト開設に至った思いを取材しました。




――サイト公開後の反応はいかがですか?

赤野工作さん いまだ情報の集約が始まった段階にすぎず、まだまだ実態として効果を発揮しているというわけではありません。とはいえ、ありがたいことに既に幾つかの情報提供をいただき、目下更新作業を続けております。こうした危機の最中にあっても、皆さんが行きつけのゲームセンター、ゲームショップ、あるいはゲームカフェの存在を忘れずにいてくれているという強い実感があり、部外者ながら、うれしく思っております。

――どのような思いからサイト開設に至ったのでしょうか。

赤野工作さん 全国各地のゲームセンターから支援要望のリツイートが回ってくるようになり、自分自身がそれらの支援に参加するために分かりやすい一覧が欲しかった、というのがサイト開設の動機です。当初は自身の覚書としてnoteで公開していたのですが、「もっぷ」さんが管理するWordPressの一部をお貸しいただき、現在の形に至りました。

 私の経験上、有事の際の出来事は、手を差し伸べなかった後悔よりも、手を差し伸べられたのにそれに気付かなかった後悔の方が大きいのです。今は個々の情報が錯綜しており、各店舗も各消費者も独自にSNSで声を上げるしかありません。売り手側も、買い手側も、力を1つにまとめるためには、まずは声を1つにまとめる必要があると思いました

――今後の展望を教えてください。

赤野工作さん  現在サイトに掲載されている各店舗は、それぞれが独自の支援方法や収入の多角化の案を打ち出し、この危機を乗り越えようとしています。いつかそれらの情報が蓄積されていった先に、まだ声を挙げていない店舗が「そうした方法もあるのか」と参考にできるようになれば、このサイトへの掲載如何(いかん)に関わらず、全ての関係者にとって危機に耐えるための選択の幅が増えるのではないか……、というのが最終的な目標です。

 また本来であれば、この手の支援は行政の手によって行われるものであり、実際に幾つかの施策が既に存在しています。とはいえ零細でやっている事業主の皆さんには、行政の施策に対してアプローチをかけることそれそのものがハードルが高い、という状況があるとも感じており、「どのような支援が受けられるのか」「どのような手続きが必要なのか」まとめて掲載できればと考えています。




 サイト内に設けられた情報提供用ページでは、未掲載の店舗について、当事者やユーザーからの情報を募っています。

 また今後の展望として語られた「行政の施策まとめ」については、行政による支援やその手続きに詳しい方を探しているとのこと。お手伝いが可能で、サイトの方針に賛同する方は、声をかけてはいかがでしょうか。


取材協力:赤野工作(@KgPravda)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.