ニュース
» 2020年04月08日 15時29分 公開

『週刊少年ジャンプ』21号発売延期 編集部員に新型コロナウイルス感染の疑い

当該の社員は直接作家と接触する立場にはないとのこと。

[ねとらぼ]

 週刊少年ジャンプ編集部は4月8日、20日に予定していた『週刊少年ジャンプ』21号の発売を延期すると発表しました。編集部に勤務する社員に新型コロナウイルス感染の疑いがあるため。

 当該の社員は4月2日から出社を控え、自宅待機してPCR検査を待っている状態とのこと。また直接作家と接触する立場にはないとしています。

 集英社は6日から全社原則在宅勤務としているものの、作家・関係者への感染リスクを考えて週刊少年ジャンプ編集部全体で作業を一時中断することを決定。このためジャンプ21号は1週間発売を延期し、21・22合併号としたうえで27日に発売する予定としています。ジャンプ20号は予定通り13日発売。

 「大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします」(週刊少年ジャンプ編集部)

発表文

 なお同日、早川書房も『SFマガジン』6月号の発売を延期すると発表。「新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、編集部員および制作スタッフの健康を優先するため」としています。

早川書房の発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.