ニュース
» 2020年04月08日 18時32分 公開

日清「カレーメシ」、なぜか昭和の刑事ドラマ風CMを制作し最後に爆発させてしまう 「とにかくかっこいいCMを作りたかった」

カレーメシのセールスポイントはどうでもよかったもよう。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 日清食品が「カレーメシ」の新CM「汁無野郎篇」を公開しました。なぜか昭和の刑事ドラマ風の映像で、カオスな演出が次から次へと押し寄せてきます。

photo 視聴者を困惑させる演出が続々と(画像はYouTubeから)
動画が取得できませんでした
日清カレーメシCM「汁無野郎 篇」30秒

 主役は「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルさんが演じる「汁無野郎」。「太陽に吠えろ!」風のBGMとともに、同僚と署内でカレーメシをかき混ぜたり、食後のカップをパトランプのように車の屋根に乗せたりして、カレーメシの“汁がないので飛び散らない”ポイントをアピールします。ところでなんで同僚にゴリラがいるんですかね……?

photo カレーメシをかき混ぜる汁無野郎(画像はYouTubeから)
photo 左下の「※CM上の演出です」がよく合う(画像はYouTubeから)

 しかし「本当に汁がないのか?」と聞かれると、汁無野郎は「わかりません」。ラストではカレーメシを持った刑事たちが、大爆発をバッグに歩き出すシーンで締められます。なぜ爆破した。

photo 外見で既に濃すぎな同僚刑事たち(画像はYouTubeから)

 あまりのカオスぶりに、ネットでは「昭和感が凄い」「ぶっ飛んでる」といった感想が寄せられる一方、旧車を使ったパトカーの再現度の高さに驚きの声も上がりました。

photo ディテールの細かさには熱意を感じます(画像はYouTubeから)

 カレーメシの公式サイトでは、同CMの登場人物や設定などを公開。なお企画意図は「カレーメシがドロっとしてこぼれにくいことを伝えるのはどうでもよくて、とにかくかっこいいCMを作りたかった。それだけだ」とのこと。ならしょうがない。ちなみに撮影のこぼれ話は「ない。カレーメシはこぼれないからだ」そうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン