ニュース
» 2020年04月09日 07時30分 公開

「他人が降りる駅が見える」微妙すぎる能力を持った女の子の漫画に「この能力は欲しい」「続きが読みたい」の声

現代を生き抜くには役立つ……はずです。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 あんな超能力があったら、能力を持っていたら、使えたら……誰でも一度は想像したことがあるでしょう。今回ご紹介する漫画は、あまりにも微妙すぎる能力を持つ女の子と、それがなければ絶対に成り立たない物語です。


変な能力を持つ女子高生の話 漫画

 作者はマヱラバ(@110nouso)さん。漫画やイラストをTwitterで精力的に投稿されています。



 主人公である女子高生、阪和さんは一見普通の女の子ですが、超能力を持っています。それは「電車に乗っている人が、どの駅で降りようとしているかわかる」という、なんとも微妙なものでした。ただ本人いわく、満員電車の椅子取りゲームではけっこう役に立つ、とのこと。

 根暗でコミュ障のオタク、友達はひとりもおらず、高校デビューを狙って開けたピアス穴さえ誰にも気付かれていない……という阪和さん。彼女は休日をひとり秋葉原で過ごそうと山手線に乗っていたのですが、そこで同じクラスの女の子、神戸さんを発見します。


変な能力を持つ女子高生の話 漫画


変な能力を持つ女子高生の話 漫画

 奇妙なことに、神戸さんには目的地の駅がありませんでした。見たことがない初めてのケースだ、と驚く阪和さんに神戸さんが近付いて来ます。気付いた阪和さんの慌てぶりから見るに二人に交流はなかったようですが、神戸さんは彼女の名前を覚えており、入学式で見たピアスが印象的でそれを覚えた、と言うのです。

 行き先を尋ねられ、とりあえず「上野でも行くつもり」としらを切った阪和さん。それを聞いた神戸さんの頭上に「上野」と目的地が浮かびます。すかさず「奇遇ね! 私もよ!」「今日はいい機会だし一緒に行動しましょうよ!」とまくしたてる神戸さん。さっきまで目的地なかったのに!

 戸惑いつつも、なんとなく事情を察したように見える阪和さん。正直に「秋葉原で一緒に遊びたい」と告げると、神戸さんの目的地はすぐさま「秋葉原」にパッと変わったのでした。


変な能力を持つ女子高生の話 漫画


変な能力を持つ女子高生の話 漫画

 作品には「この後の2人の関係が気になる」「この能力は欲しい」「よく見ると、何気に少し前に流行った都市伝説が……」などなど、多数の感想が寄せられています。




作品提供:マヱラバ(@110nouso)さん


たけしな竜美


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.