ニュース
» 2020年04月09日 10時30分 公開

人との距離はジャイアントパンダ1頭分 動物基準の「社会的距離」がちょっと楽しい

距離をとるの大事!

[神奈川はな,ねとらぼ]

 WWFジャパンのTwitterアカウントが、社会的距離(Social Distance)を確認するための目安としてジャイアントパンダやホッキョクグマの大きさを想像することを提案しています

 新型コロナウイルス感染拡大阻止のため、呼びかけられるようになってきた社会的距離。映画館の観客同士の距離をあけるなどの対策をとっている所もあります(関連記事)。

 WWFジャパンが呼びかけているのは、人が多い所に行くときは自分と他人との間に2メートルの距離をとること。

 そのための目安として「ジャイアントパンダ」「オサガメ」「若いオスのホッキョクグマ」「2羽のキングペンギン」の大きさを想像することを提案しています。

social distancing tips ジャイアントパンダ
social distancing tips オサガメ
social distancing tips 若いオスのホッキョクグマ
social distancing tips 2羽のキングペンギン

 ジャイアントパンダは誰もが知っている動物ですが、具体的な大きさを想像できるかというとちょっと微妙。オサガメを飼育している施設は国内ではみつかりませんし、若いオスのホッキョクグマ、2羽のキングペンギンという細かい指定もジワジワきます。

 とはいえ、何かと落ち着かない世の中をなごませてくれるツイートは貴重。リプライ欄には「分かりやすい」「面白い」「こういった発想力が欲しい」という声が寄せられています。

 ちなみに、米・シカゴのシェッド水族館(Shedd Aquarium)のツイートは更に高度な想像力を要求。6フィート(約182センチ)の社会的距離をとるために、arapaima(ピラルク)を基準にすることを提案しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.