ニュース
» 2020年04月10日 08時00分 公開

口の動きが見える透明マスク、21歳大学生が聴覚障害者のため開発し無料配布

口の動きが見えるとコミュニケーションが取りやすくなります。

[関口雄太,ねとらぼ]

 21歳の大学生が聴覚障害者のコミュニケーションを助ける透明なマスクを開発し、無料で配布するためのクラウドファンディングを実施したところ、3387ドル(約37万円)の資金が集まっています。


聴覚障害者のためのマスクを開発し無料配布 21歳大学生がクラファンで資金調達 透明マスクを作る材料と配送費用の支援を依頼(画像はGoFundMeより)

 「GoFundMe」でクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げたアシュリー・ローレンスさんは、唇の周辺を透明に加工した布マスクを製造し、必要な人に無料で配布しています。マスクの一部が透明で口の動きがはっきりと見えるのは、聴覚障害者がコミュニケーションを取るのに苦労しないためです。アシュリーさんによると、一部に透明なパーツを使った紙マスクは販売されていますが、マスク品薄の影響を受けて満足に流通していません。


 聴覚障害者は唇の動きやASL(アメリカ手話言語)によってコミュニケーションを取ります。ですが、通常のマスクでは口元がほとんど隠れて口の動きが見えないだけでなく、表情が分からず言葉の意味を理解しづらくなるといいます。


 アシュリーさんはこのプロジェクトで集めた資金を材料と配送の費用に充てると説明。新型コロナウイルス感染拡大の騒動が落ち着いた後に資金が余っていた場合は、ろう者や難聴の家族を支援する非営利団体に寄付するとしています。


 海外メディアからの取材に対してアシュリーさんは、たくさんの人が使い捨てマスクの代替品となるマスクを作る姿を見て「多くの見過ごされている人がいるように感じた」と語りました。「私たちは混乱の中にいて、考える余裕がありません。だからこそコミュニケーションをとる必要があると思いました」と、聴覚障害者の支援に至った理由を明かしています。


聴覚障害者のためのマスクを開発し無料配布 21歳大学生がクラファンで資金調達 マスクを製造するアシュリーさん(画像はYouTubeより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」