ニュース
» 2020年04月11日 08時00分 公開

建機用フィルターメーカーがマスク用フィルターを量産・供給開始 独自の技術で高度な捕集性能を実現

建設機械用油圧フィルターのノウハウを生かし、高い精度と持続性を実現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 建設機械用油圧フィルターを手がけるヤマシンフィルタが、その技術を生かしたマスク用フィルターの量産体制を整備し、各マスクメーカーへの供給を開始したと発表しました。作動油や潤滑油のろ過用フィルターのノウハウをもとに、一般的なマスクをはるかに超える、異物の捕集性能を実現しているとのことです。


ヤマシンフィルタ ヤマシンフィルタは建設機械用油圧フィルターのグローバルトップシェアを誇るメーカー。独自の量産技術を用いた合成高分子系ナノファイバー、「YAMASHIN Nano Filter」をマスク用フィルターに応用する

ヤマシンフィルタ 0.2〜0.8ミクロンの微細な繊維を使用している

 特長は0.2〜0.8ミクロンの、ナノサイズの繊維を用いた、綿状の構造。そこに空いた数億の超微細な穴は、ウイルス等の異物を効率的に捕集するといいます。


ヤマシンフィルタ 約3ミクロンの繊維を使用している一般的なマスクよりも、はるかに細かいつくり

 性能の持続性も秀逸。静電気の帯電によってウイルス等を捕集する一般的なマスクに対し、ヤマシンフィルタのフィルターは帯電がないため、長時間使用しても捕集性能がほぼ低下しないとしています。


ヤマシンフィルタ 24時間装着しての性能比較。一般的なサージカルマスクの捕集性能保持率が約43%から約15%へ落ちる一方、ヤマシンフィルタのフィルターは約90%をキープしている

 製造は佐賀県の自社工場で行うため、海外の情勢に左右されずに安定して供給できるとのこと。同社は60年以上のノウハウを生かし、今般のマスク不足の影響を少しでも軽減すると述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声