ニュース
» 2020年04月11日 08時00分 公開

建機用フィルターメーカーがマスク用フィルターを量産・供給開始 独自の技術で高度な捕集性能を実現

建設機械用油圧フィルターのノウハウを生かし、高い精度と持続性を実現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 建設機械用油圧フィルターを手がけるヤマシンフィルタが、その技術を生かしたマスク用フィルターの量産体制を整備し、各マスクメーカーへの供給を開始したと発表しました。作動油や潤滑油のろ過用フィルターのノウハウをもとに、一般的なマスクをはるかに超える、異物の捕集性能を実現しているとのことです。


ヤマシンフィルタ ヤマシンフィルタは建設機械用油圧フィルターのグローバルトップシェアを誇るメーカー。独自の量産技術を用いた合成高分子系ナノファイバー、「YAMASHIN Nano Filter」をマスク用フィルターに応用する

ヤマシンフィルタ 0.2〜0.8ミクロンの微細な繊維を使用している

 特長は0.2〜0.8ミクロンの、ナノサイズの繊維を用いた、綿状の構造。そこに空いた数億の超微細な穴は、ウイルス等の異物を効率的に捕集するといいます。


ヤマシンフィルタ 約3ミクロンの繊維を使用している一般的なマスクよりも、はるかに細かいつくり

 性能の持続性も秀逸。静電気の帯電によってウイルス等を捕集する一般的なマスクに対し、ヤマシンフィルタのフィルターは帯電がないため、長時間使用しても捕集性能がほぼ低下しないとしています。


ヤマシンフィルタ 24時間装着しての性能比較。一般的なサージカルマスクの捕集性能保持率が約43%から約15%へ落ちる一方、ヤマシンフィルタのフィルターは約90%をキープしている

 製造は佐賀県の自社工場で行うため、海外の情勢に左右されずに安定して供給できるとのこと。同社は60年以上のノウハウを生かし、今般のマスク不足の影響を少しでも軽減すると述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.