ニュース
» 2020年04月10日 18時00分 公開

ぐぽぉーんって音がしそう モノアイ型ロボットみたいなSF感バリバリ ロシアのカスタムバイクが話題に (1/2)

BMWの「R NineT」をベースにしています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ロシアのバイクショップ「Zillers Garage」が、SF感たっぷりなカスタムバイクを発表して、海外のバイク好きたちの間で大きな注目を集めています。

photo Zillers GarageのカスタムしたBMW「R NineT」(画像はFacebookから)

 ベースになっているのは、BMW「R NineT」。クラシカルなデザインに、伝統の水平対向2気筒エンジン(ボクサーエンジン)を搭載したバイクです。

 そんなR NineTに大規模な改造を施したのが、今回紹介するカスタムバイクです。SF感バリバリのルックスで、「まるでロボットみたいだ」と好評を得ています。

photo BMW「R NineT」2017年モデル(画像:BMW)

 やはり目立つのは、独特なシームレスデザインでしょう。フレームを包み込むような一体型フルカウル仕様は、生物的な艶めかしい印象を与えるルックスに仕上がっています。

 丸いヘッドライトをまるでモノアイのような印象を与え、いまにも喋りだしそうな雰囲気すらあります。

photo カスタムバイクのハンドル部分(画像はFacebookから)
photo 速度計はデジタル式(画像はFacebookから)

 ハンドルの間にあるメーターはデジタル表示の埋込み型、エキゾーストやブレーキなどもカスタムされており、スマートにまとめあげた一体感のある仕上がりです。

 今回のカスタムバイクは、本来なんらかのイベントで公開したいと考えていたようですが、新型コロナウイルスの影響のため機会がなく、止む無くオンラインでの公開に踏み切られたそうです。Zillers Garageは、今後機会があればイベントなどで実車を展示したいと発表しており、いつかどこかで見る機会があるかもしれませんね。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.