ニュース
» 2020年04月11日 13時00分 公開

グリー、テレワーク推進で「オンライン飲み会」の補助制度をスタート 1人月3000円まで

気がねなく飲める酒が飲めるぞ。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大によりテレワークが広まるなか、ゲームメーカーのグリーは「オンライン飲み会」の補助制度を始めました。4月6日からスタートしており、社員からは好意的に受け止められているようです。


グリーの「オンライン飲み会」 実際に行われた「オンライン飲み会」の様子

 グリーでは在宅での勤務、いわゆるテレワークを「オンラインオフィス勤務」と呼び、すでに2月中旬から順次開始しています。しかし、オンラインでの業務では社員同士がお互いの近況を知ることが難しくなるといったデメリットも。

 そこで同社は、組織のメンバーの目的意識を高める「チームビルディング」の一環として、部署などでオンライン飲み会やランチを行う際、1人1回3000円を補助することを決定しました。ただし、補助は月に1人1回までと上限があります。

 グリーの広報担当によると、同社ではもともと対面でのチームビルディング費用を補助してきたとのこと。一方で在宅勤務が推奨され、ちまたでオンライン飲み会が広まっていることを受けて、補助をオンラインにも拡大したそうです。

「『在宅だからコミュニケーションが不足する』と考えるのではなく、『在宅だからこそオンラインでコミュニケーションを活性化させたい』との思いからさまざまな施策を考えており、オンライン飲み会の補助はそのひとつです」(グリー広報担当)

 自宅での勤務が長引くなか、組織や部署の結束力をあらためて高める意味でも、こうした動きは活発化しそうです。


その他画像


グリーの「オンライン飲み会」

グリーの「オンライン飲み会」

グリーの「オンライン飲み会」

画像提供:グリー




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.