ニュース
» 2020年04月12日 11時00分 公開

強く蹴られて瀕死状態だったワンコ…… 無事回復して幸せいっぱいの姿に感動(1/2 ページ)

いい家族と出会えてよかった。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 米の非営利動物救助団体「Hope For Paws」が、何者かに強く蹴られた影響で瀕死の状態にある犬を保護。その様子がYouTubeで公開されています。

アントニオ ひどくおびえるワンコ

 道端で何時間も寝たきりで無反応な犬がいると依頼を受けて、現場へ向かうスタッフ。草木の奥に隠れていたワンコを見つけますが、ひどくおびえた目をしています。誰かが置いてくれたエサにも手をつけていない様子。外傷はないようですが心配です。スタッフは優しく声をかけて、首にリード用のひもをかけます。ワンコは、スタッフの一挙手一投足から目を離さず「これから何をされるのだろう」と怖がる表情を見せます。しかし、抵抗したり怒ったりすることはせず、スタッフが促すと立ち上がってケージの中に入ってくれました。

 救出後、スタッフが獣医師に連れていったところ、獣医師から「目立った外傷はないが超音波画像を見たところ誰かに激しく蹴られたようだ。発疹や骨折、車にぶつかった場合にみられる外傷などがないため、車にひかれたとは考えにくい。肝臓とひ臓を負傷しており、体内で出血している。もし助けていなかったら数時間以内に死んでいた」という非常にショッキングな事実を伝えられます。

アントニオ 獣医師から知らされた衝撃の事実

 「誰がそんなひどいことを……」と悲しくなりますが、ワンコは無事回復してアントニオと名付けられ、今度こそちゃんと幸せにしてくれる家族に引き取られました。おびえた目でスタッフを見ていたあの頃の様子は微塵(みじん)も感じられないほどフレンドリーで賢いアントニオは、多くの人に愛されて今は幸せいっぱいの生活を送っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声