ニュース
» 2020年04月12日 13時45分 公開

トランスフォームしそう! ロボットみたいな3脚スピーカーがかっこいい

メカ好きならインテリアとして置いても満足できるのでは。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「トランスフォーマー」に出てきそうなデザインのワイヤレス3脚スピーカー「Gravastar」が、クラウドファンディングサイト「Kibidango」に登場し、目標金額150万円をほぼ1日で達成しました。

photo ワイヤレススピーカー「Gravastar」

 「Gravastar」は丸いボディーに3本の脚を持つ、蜘蛛型ロボットのようなデザインをしています。音声の出るウーファーは球体の中央に配置されており、箱型のオーディオより均一に音を反響できるとしています。

photo 中央に配置されているウーファー

 接続方法にはBluetoothを採用し、同時に複数台のワイヤレス接続が可能。音量はスピーカー上部にあるメーターで調整します。最大20時間程度の稼働ができ、屋外で使用しても壊れにくい素材を使用しているといいます。

 通常モデルの「Gravastar G1」の他、サビや汚れのウェザリング加工を施したモデル「Gravastar War Damaged」も展開します。

photo Gravastar G1
photo Gravastar War Damaged

 現在、Kibidangoでは両モデルへの支援を募っており、Gravastar G1は2万2900円、Gravastar War Damagedは3万4000円からの支援で入手できます(税込)。クラウドファンディングの期限は6月4日までです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.