ニュース
» 2020年04月12日 14時05分 公開

新潟県燕市、帰省自粛する学生に「コシヒカリ5キロ」と「布製マスク1枚」を送る! 市内有志の厚意で実施

「燕は暖かいところですね 素晴らしいと思います」など称賛の声が相次いでいます。

[Kikka,ねとらぼ]

 新潟県燕市が、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴って帰省を自粛している燕市出身の学生に対して、燕市産のコシヒカリ5キロと手作りの布製マスク1枚を送ることを発表しました。この施策は「市内有志の皆さんからのご厚意」で実施されるとのこと。


COVID-19 燕市 燕市による発表

 対象となるのは、緊急事態が宣言された区域に住む燕市出身の学生の中で、帰省を自粛している人。応募の受付は4月10日から始まっており、コシヒカリと布製マスクの発送は4月13日から予定されていますが、応募には東京つばめいとメンバーになる必要があります。


COVID-19 燕市 送られる手作りの布製マスク

 東京つばめいとは、燕市出身で首都圏在住の18〜30歳の人(市内に通勤通学していた人も含む)を対象にしたもので、「首都圏で暮らしている燕市出身の若者の応援」「燕市出身の若者同士が交流できる場の提供」「登録者と燕市や市内企業とをつなぎ、Uターンを促進(Uターン相談など)」を目的に設立されています。

 ネット上では燕市の発表に対して「素晴らしい!帰りたい気持ちも、帰らせたい気持ちもわかりますが…今は耐えましょう」「燕は暖かいところですね 素晴らしいと思います」「上京している市民ですが、今回の燕市の対応をとても誇りに思います」 といった好意的な声が上がっています。

画像:燕市の発表より

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.