ニュース
» 2020年04月12日 18時15分 公開

風呂に落とした本が読める状態に 濡れた本を復活させるライフハックに反響

[ねとらぼ]

 お風呂に落とした本を、読める状態にまで復活できた――その方法を伝えるツイートが注目を集めています。

 その方法とは、濡れた本をフリーザーバッグに入れ、封をしないで冷凍庫へ入れて丸一日凍らせ、重しに挟んで解凍するというもの。投稿したディーズ(@Deeeeese7)さんのTwitterやブログでは、びっしょり濡れてヨレヨレに波打っていた本が、比較的平らになり読める状態になった様子が紹介されています。

濡れてしまった本
フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ
冷凍庫から出した状態
重しを載せて解凍すると紙の波打ちがかなりまっすぐに(画像提供:ディーズさん)

 ディーズさんによると、湯船につかりながら読書をしていたときに本をお湯の中に落としてしまい、ビショビショになってしまったとのこと。凍らせる方法は、ブックオフのWebサイトで紹介されていたもの。ダメ元で試してみたところ、「驚きの復活」を遂げたとのこと。ただし「水を吸って少し膨張するので、もちろん“元通り”にはなりません」とも添えています。水のシミは残ってしまうそうです。

 編集部でも、この方法で濡れた本の復元を試みてみました。その結果、端の部分が多少波打ってはいるものの、ページがくっつくこともなく普通に読める状態に復活させることができました。

編集部でも濡れた本を復元してみたところ、端に波打ちはあるものの読める状態に。気温にもよりますが乾ききるまでに時間がかかるかもしれません

 ディーズさんは、冷凍庫に入れるときは、本を立てて、フリーザーバッグの口が上にくるように入れると良さそうとアドバイス。重しは「平らなら何でもいいと思います」としています。

立てて入れるといいそうです(画像提供:ディーズさん)

 なおブックオフのページでは「効果をお約束することはできません」として自己責任で試すようにとの注意書きも添えられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10