レビュー
» 2020年04月13日 17時15分 公開

「お袋の貯金は兄妹で分ければいいよな?」借金1億円を母親に肩代わりさせた兄の発言に相談者激怒「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

「遺留分」の強さよ……。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは4月10日(金)放送の今井通子パーソナリティー回。

 人生相談の定番・遺産相続に関する相談。ただし、母親はまだ健在なのだ。

テレフォン人生相談

お袋の貯金は3人で分ければいいよな?

 相談者は60歳女性。兄66歳。妹59歳。母88歳。父親は既に他界している。

 「お母さまが亡くなったの?」

 「いや、まだ88で、施設に入っております」「もし、母が死んだ場合の時の……遺産っていったらおかしいんですけど」「貯金とか、生命保険とかが少し残るので、兄が『3人で分ければいいよね』って言うんですけども……」

 母親がまだ死んでもいないのに兄妹で遺産の配分について相談しているという、若干モヤッとする話ではあるが、後々揉めないためには重要なことなのだろう。兄妹仲良く分けるのならば問題もないかと思いきや、相談者は不満を持っているようだ。

 「兄は30数年前に家の商売を継いで、その時、約1億円の借金背負って。母が……持ち家とか(祖父などの家も含め)2〜3軒あったんですけれども」「それを全部売って、あと残り5千万を母が、ずっと10年がかりくらいで返したんですね。兄は一銭も返してないです」

 さらに「(相談者いわく)いろいろ遊びほうけて借金作ったのも親が返していた」とのこと。

 「3年くらい前に(兄が)うちに電話よこして。その時はまだ母が施設に入る前だったんですけれど、『お袋の貯金あるだろ、それを3人で分ければいいよな』っていうからすごく腹が立って」

 貯金があるといっても、母親が入所している施設の料金が年金だけではまかなえず、貯金から月に5〜6万円を切り崩して支払っているという。

 「でもお母さまもあれなんでしょ、まだご存命で、すぐに亡くなるようなお話しじゃないんでしょ?」「お母さまがお持ちの財産って、単位でいうと何千万なの? 何百万なの?」

 「いやいや、ほんの100万円単位で、それもいくら残るか。母が長生きすれば、施設に全部お金使ってしまうので」

 貯金の他に生命保険もあるとはいえ、兄が肩代わりしてもらった借金1億円に比べるとささやかな額しか残らなそうだ。そのわずかな遺産すらキッチリ分けてもらおうとしている兄に怒り心頭なのだ。

 ちなみに、妹は結婚して遠くに住んでいるため、1〜2年に一度、母親の顔を見に来る程度の交流しかないという。

テレフォン人生相談

 「で、アナタと妹さんが(遺産を)分ける分には構わないのね?」

 「うん、まあそうですけど……はい。兄にはもともとやりたくないので」

 「それとも妹さんにもあげたくない?」

 「まあだって、そんなに何千万もあるんだったら別にアレですけど。ほんのいくら残るか分からないし……」

 施設に入る以前から母親の面倒は相談者に押しつけられており、その負担を考えれば、わずかな遺産くらい自分が受け取ってもいいのでは? というのが相談者の本音のようだ。

 しかし、遺産系の相談でよく出てくる「遺留分侵害額請求」という制度があり、たとえば「相談者に遺産を全て渡す」という遺言が残されていたとしても、兄と妹には「遺留分」として遺産の2分の1を兄妹3人で割った6分の1ずつを請求する権利があるのだ。

 相談者は友達から「お兄さんがそうやって1億円も借金背負ってお母さんが返したんだから、もう取り分ないんじゃないの? テレビとかで聞いたことあるよ」と言われたという。

 果たして、兄に母親の遺産を渡す必要はあるのだろうか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」