ニュース
» 2020年04月13日 16時30分 公開

ユニコーンガンダムが自動でデストロイモードへ! 3Dプリンターで自作した胸像が「まさに可能性の獣」

「いつ完成するかは分からないが、全身作りたい」と作者は語りました。何年でも待ちます!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動でモードが変化するユニコーンガンダムの胸像を手作りした人が、「まさに可能性の獣」と絶賛されています。ブレードアンテナがパカッと割れて、ユニコーンモードからデストロイモードへ瞬時に変形!


ユニコーン ユニコーンモード。未塗装ながら再現度は高い

ユニコーンユニコーン 自動でアンテナがパカッ

ユニコーンユニコーン 顔が上からせり出す。設計上の問題(後述)で、構造は原作と異なる形になったとのこと

ユニコーン デストロイモードが完成! もちろん、元のモードに戻るのも自動です

 製作者はTwitterユーザーのつとむニキ(@foresttail924)さん。高専時代にロボコンのチームを率い、全国大会でベスト8に輝いた経歴の持ち主です。このユニコーンガンダムは30分の1スケールで、パーツをCADで設計して3Dプリンタで出力し組み立てたもの。市販のサーボモーターを組み付け、アンテナや顔の変形機構を実現しています。

 編集部が詳細を聞いたところ、製作のきっかけは、バンダイが発表した自動で変形するユニコーンガンダムの動画。そのかっこよさに魅せられて欲しくなり、約1カ月かけて自作したそうです。そこで「欲しければ自分で作る」発想になるあたりがまずすごい。


 一番苦労したのは頭部の変形機構とのこと。両モードの顔パーツを、欠歯ギアで動かし入れ替えるなど、苦心の跡がうかがえます。なお、原作と同様に顔を動かすには歯車がもう1つ必要で、そのスペースをとれなかったため独自の動きにしているそうです。


 大きな反響を受けて、つとむニキさんはバージョンアップ版の動画を公開。発光ギミックを追加して赤や緑に光らせ、ユニコーンガンダムの覚醒状態まで表現しています。


ユニコーン カメラも光ってディテールアップ

ユニコーン

ユニコーン

ユニコーン めっちゃワクワクする……

 なお、胸像にとどまらず、全身を変形させる計画はあるかと聞いたところ、「あります。いつ完成するかは分からないですが、全身を作りたいですね」との回答。相当な苦労が想像されますが、今後が楽しみです。

動画提供:つとむニキ(@foresttail924)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた