ニュース
» 2020年04月13日 16時30分 公開

ユニコーンガンダムが自動でデストロイモードへ! 3Dプリンターで自作した胸像が「まさに可能性の獣」

「いつ完成するかは分からないが、全身作りたい」と作者は語りました。何年でも待ちます!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動でモードが変化するユニコーンガンダムの胸像を手作りした人が、「まさに可能性の獣」と絶賛されています。ブレードアンテナがパカッと割れて、ユニコーンモードからデストロイモードへ瞬時に変形!


ユニコーン ユニコーンモード。未塗装ながら再現度は高い

ユニコーンユニコーン 自動でアンテナがパカッ

ユニコーンユニコーン 顔が上からせり出す。設計上の問題(後述)で、構造は原作と異なる形になったとのこと

ユニコーン デストロイモードが完成! もちろん、元のモードに戻るのも自動です

 製作者はTwitterユーザーのつとむニキ(@foresttail924)さん。高専時代にロボコンのチームを率い、全国大会でベスト8に輝いた経歴の持ち主です。このユニコーンガンダムは30分の1スケールで、パーツをCADで設計して3Dプリンタで出力し組み立てたもの。市販のサーボモーターを組み付け、アンテナや顔の変形機構を実現しています。

 編集部が詳細を聞いたところ、製作のきっかけは、バンダイが発表した自動で変形するユニコーンガンダムの動画。そのかっこよさに魅せられて欲しくなり、約1カ月かけて自作したそうです。そこで「欲しければ自分で作る」発想になるあたりがまずすごい。


 一番苦労したのは頭部の変形機構とのこと。両モードの顔パーツを、欠歯ギアで動かし入れ替えるなど、苦心の跡がうかがえます。なお、原作と同様に顔を動かすには歯車がもう1つ必要で、そのスペースをとれなかったため独自の動きにしているそうです。


 大きな反響を受けて、つとむニキさんはバージョンアップ版の動画を公開。発光ギミックを追加して赤や緑に光らせ、ユニコーンガンダムの覚醒状態まで表現しています。


ユニコーン カメラも光ってディテールアップ

ユニコーン

ユニコーン

ユニコーン めっちゃワクワクする……

 なお、胸像にとどまらず、全身を変形させる計画はあるかと聞いたところ、「あります。いつ完成するかは分からないですが、全身を作りたいですね」との回答。相当な苦労が想像されますが、今後が楽しみです。

動画提供:つとむニキ(@foresttail924)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響