ニュース
» 2020年04月13日 16時30分 公開

ユニコーンガンダムが自動でデストロイモードへ! 3Dプリンターで自作した胸像が「まさに可能性の獣」

「いつ完成するかは分からないが、全身作りたい」と作者は語りました。何年でも待ちます!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動でモードが変化するユニコーンガンダムの胸像を手作りした人が、「まさに可能性の獣」と絶賛されています。ブレードアンテナがパカッと割れて、ユニコーンモードからデストロイモードへ瞬時に変形!


ユニコーン ユニコーンモード。未塗装ながら再現度は高い

ユニコーンユニコーン 自動でアンテナがパカッ

ユニコーンユニコーン 顔が上からせり出す。設計上の問題(後述)で、構造は原作と異なる形になったとのこと

ユニコーン デストロイモードが完成! もちろん、元のモードに戻るのも自動です

 製作者はTwitterユーザーのつとむニキ(@foresttail924)さん。高専時代にロボコンのチームを率い、全国大会でベスト8に輝いた経歴の持ち主です。このユニコーンガンダムは30分の1スケールで、パーツをCADで設計して3Dプリンタで出力し組み立てたもの。市販のサーボモーターを組み付け、アンテナや顔の変形機構を実現しています。

 編集部が詳細を聞いたところ、製作のきっかけは、バンダイが発表した自動で変形するユニコーンガンダムの動画。そのかっこよさに魅せられて欲しくなり、約1カ月かけて自作したそうです。そこで「欲しければ自分で作る」発想になるあたりがまずすごい。


 一番苦労したのは頭部の変形機構とのこと。両モードの顔パーツを、欠歯ギアで動かし入れ替えるなど、苦心の跡がうかがえます。なお、原作と同様に顔を動かすには歯車がもう1つ必要で、そのスペースをとれなかったため独自の動きにしているそうです。


 大きな反響を受けて、つとむニキさんはバージョンアップ版の動画を公開。発光ギミックを追加して赤や緑に光らせ、ユニコーンガンダムの覚醒状態まで表現しています。


ユニコーン カメラも光ってディテールアップ

ユニコーン

ユニコーン

ユニコーン めっちゃワクワクする……

 なお、胸像にとどまらず、全身を変形させる計画はあるかと聞いたところ、「あります。いつ完成するかは分からないですが、全身を作りたいですね」との回答。相当な苦労が想像されますが、今後が楽しみです。

動画提供:つとむニキ(@foresttail924)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」