ニュース
» 2020年04月13日 16時30分 公開

ユニコーンガンダムが自動でデストロイモードへ! 3Dプリンターで自作した胸像が「まさに可能性の獣」

「いつ完成するかは分からないが、全身作りたい」と作者は語りました。何年でも待ちます!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動でモードが変化するユニコーンガンダムの胸像を手作りした人が、「まさに可能性の獣」と絶賛されています。ブレードアンテナがパカッと割れて、ユニコーンモードからデストロイモードへ瞬時に変形!


ユニコーン ユニコーンモード。未塗装ながら再現度は高い

ユニコーンユニコーン 自動でアンテナがパカッ

ユニコーンユニコーン 顔が上からせり出す。設計上の問題(後述)で、構造は原作と異なる形になったとのこと

ユニコーン デストロイモードが完成! もちろん、元のモードに戻るのも自動です

 製作者はTwitterユーザーのつとむニキ(@foresttail924)さん。高専時代にロボコンのチームを率い、全国大会でベスト8に輝いた経歴の持ち主です。このユニコーンガンダムは30分の1スケールで、パーツをCADで設計して3Dプリンタで出力し組み立てたもの。市販のサーボモーターを組み付け、アンテナや顔の変形機構を実現しています。

 編集部が詳細を聞いたところ、製作のきっかけは、バンダイが発表した自動で変形するユニコーンガンダムの動画。そのかっこよさに魅せられて欲しくなり、約1カ月かけて自作したそうです。そこで「欲しければ自分で作る」発想になるあたりがまずすごい。


 一番苦労したのは頭部の変形機構とのこと。両モードの顔パーツを、欠歯ギアで動かし入れ替えるなど、苦心の跡がうかがえます。なお、原作と同様に顔を動かすには歯車がもう1つ必要で、そのスペースをとれなかったため独自の動きにしているそうです。


 大きな反響を受けて、つとむニキさんはバージョンアップ版の動画を公開。発光ギミックを追加して赤や緑に光らせ、ユニコーンガンダムの覚醒状態まで表現しています。


ユニコーン カメラも光ってディテールアップ

ユニコーン

ユニコーン

ユニコーン めっちゃワクワクする……

 なお、胸像にとどまらず、全身を変形させる計画はあるかと聞いたところ、「あります。いつ完成するかは分からないですが、全身を作りたいですね」との回答。相当な苦労が想像されますが、今後が楽しみです。

動画提供:つとむニキ(@foresttail924)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響