ニュース
» 2020年04月14日 17時40分 公開

ネッシーの長ーい首で船を持ち上げて、氷山やUFOの妨害から逃がすシンプルな物理ゲーム 「Super Ness」でゆるーく癒やされる

絵柄もかわいい。

[オピオンねとらぼ]

 心優しいネッシーを操り、船の航行を手助けするゲーム「Super Ness」がSNSを中心に大きな評判を呼んでいます。ゲームはインストール不要で、PCやスマホのブラウザからプレイ可能。話題のきっかけとなったのは、ニカイドウレンジ(@R_Nikaido)さんのツイートでした。



 「Super Ness」は画面端からやってくる船を助けて、反対側の端までたどり着かせるのが目的のゲーム。航路上には機雷や氷山が当たり前のように流れており、時折UFOも現れ船の進行を阻もうとします。過酷というよりも「どうしてこうなった!?」と突っ込みたくなるような障害が満載です。

 動画では、首の長いネッシーが船を頭に乗せて、氷山から船を助けるシーンを中心に「Super Ness」の魅力を伝えています。ツイートをしたニカイドウさん自身は、ロッズ(@rods_skyfish)さんのnoteの記事「遊ぶと元気になれるショートショートフリーゲーム10選」で同作を知ったそうです。


氷山や機雷が浮いていてもやってくる多数の船。よほど重要な航路なのでしょう

UFOはなにかを捕まえると飛び去って行くので、ネッシーの頭で船を抑え込むなどして船以外を捕まえさせるのが重要

 noteでは「Super Ness」をはじめとした短時間で遊べるフリーゲームを複数紹介。「Super Ness」については、タイトル画面でのネッシーの愛らしさに触れつつ、「なんでこんな危険な航路へこぞってやってくるんだ」という突っ込みも見せていました。

 なお「Super Ness」の主人公はニカイドウさんのツイートでは“ネッシー”、ロッズさんのnoteでは“プレシオサウルス”と呼び名が異なっていますが、本稿ではタイトルの「Ness」に倣って“ネッシー”で統一しています。ちなみにSuper Nessは海外版スーパーファミコンの略称である“Super NES”にちなんだシャレな気もします。


ふらふらするから船を優しく扱いたくなる

 実際にプレイしてみて感じたのは、思った以上に上手に船を運ぶのが難しいということ。船を頭に乗せればOKというわけではなく、重心を見極めて持ち上げないと船は簡単に頭の上から落ちてしまいます。

 さらに、ちょうど重心(だと思われる位置)で船を持ち上げても、勢いよく動くと頭の上で船はふらふら。あまり急な角度で着水させると船は沈没してしまうので、生卵をスプーンに乗せて運ぶかのようにていねいに運んであげる必要があります。


重心からずれると船が落ちてしまう

 また、船を持ち上げて機雷を避けたり、ぶつかり合っている船の位置を入れ替えたりして航行を手助けできます。そして無事、反対側の画面端までたどり着かせることができると、報酬としてパールをゲット。パールはゲーム中でアンロックされるネッシーのスキンと交換できます。


頭にヘルメットをかぶせたり、ポ〇モン風にしたりと、さまざまなスキンが用意

 ゲーム全体に漂う穏やかな雰囲気と相まって、なんとなく優しい気持ちになれるタイトルですね。


ニカイドウレンジさん自身も新作ゲームを開発中!

 ちなみに、話題のきっかけとなったニカイドウさんは自身もゲームクリエイターであり、現在ほかのスタッフとともに「ロケットパズル」を開発中です。



 こちらは一定方向にエンジンを吹かしっぱなしのロケットを押して、格納庫に送り込むパズルゲーム。リリースは2020年を予定していますが、筆者は既にTGS 2019に出展された際にプレイ済み。なにかを動かして正しい位置に持っていくというルールはパズルとして珍しくはありませんが、そこに勝手に飛んでいくという挙動がプラスされることで、自分の一手でロケットがどう動くかを考えるのが楽しいゲームでした。

 押すことしかできない点や、手順を間違えると(やり直しや巻き戻しは自由にできますが)詰まってしまうこともあり、あえて例えるなら“荷物にブースターが搭載された「倉庫番」”という印象を抱きました。実はTGS2019でプレイしたタイトルのなかでも、とくにリリースが待ち遠しいタイトルの1つでもあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」