ニュース
» 2020年04月14日 15時29分 公開

講談社が漫画雑誌10誌の1号分刊行延期を発表 緊急事態宣言などにより出版活動に影響が及んでいるため

自社プラットフォームで配信している作品についても一部更新を順延。

[コンタケ,ねとらぼ]

 講談社が4月14日、漫画雑誌10誌の刊行・配信を1号分延期すると発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言などにより、編集、製作、流通へと連なる出版活動にも影響が及んでいるためとしています。


講談社 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 休刊 配信 順延 講談社のリリース(クリックで全文)

 休館となるのは、以下の雑誌。

  • モーニング・ツー(4月22日発売号)
  • 姉フレンド(5月1日配信号)
  • ヤングマガジンサード(5月7日発売号)
  • good!アフタヌーン(5月7日発売号)
  • 別冊少年マガジン(5月9日発売号)
  • 月刊ヤングマガジン(5月20日発売号)
  • ハツキス(5月25日配信号)
  • comic tint(6月5日配信号)
  • ハニーミルク(6月10日配信号)
  • マガジン R(6月20日配信号)

講談社 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 休刊 配信 順延 延期となった別冊少年マガジン(画像は5月号。別冊少年マガジン公式サイトから)

 また、コミックDAYS、マガジンポケット、Palcyなど自社プラットフォームで配信している作品についても、一部更新を順延するとのこと。

 講談社は、「増刊誌やアプリ配信などで、弊社の漫画作品をご愛読いただいている読者の皆さま、また、発売・配信を延期する媒体にご寄稿いただいている著者の皆さまにはまことに申し訳ございません」とおわびしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10