ニュース
» 2020年04月14日 16時33分 公開

Nintendo Switchにキーコンフィングが実装 スプラ勢は「十字キー下→Lボタン」でナイス連打できるぞ!

撮影ボタンを動かせるのもうれしい。

[ねとらぼ]

 4月14日に配信されたNintendo Switch ver.10.0.0アップデートにて、キーコンフィング機能が実装されました。Joy-conやProコントローラー、Lite本体のボタンを自由に割り当てられます。



「設定」の「コントローラーとセンサー」から変更可能です

 カスタマイズしたボタンの割り当ては5つまで保存でき、ゲームタイトルごとに素早く変更可能です。

 Twitterでは活用法を模索するツイートが投稿されており、例えばゲーム中にキーコン機能が存在しない「スプラトゥーン2」のプレイヤー間では、ほとんど使わない「Lボタン」に「十字キー下」を割り当てるカスタマイズが流行しています。これからは人差し指でナイス連打できるぞ!

 また、Twitterをよく使うユーザーにオススメしたいのが「キャプチャーボタン」の変更です。長押しで直前のプレイを動画として保存でき、さらにそのままTwitterに投稿可能と便利なボタンですが、若干押しにくい位置にあるため存在を忘れがち。余っているボタンと入れ替えておけば、とっさのシャッターチャンスを逃さずに済むかもしれません。


カスタマイズしたボタン割り当ては5つまで保存可能



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10