ニュース
» 2020年04月17日 08時00分 公開

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:【8年前の今頃は?】実物大ガンダム大地に立つ!! お台場がガンダムファンの聖地に

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 8年前の2012年4月17日、「ダイバーシティ東京」のメディア向け内覧会が開催され、その後2017年までお台場を見守ることになる実物大ガンダム像の姿が披露されました(関連記事)。


現在は撤去された実物大ガンダム



 シリーズファンの聖地として大地に立った実物大ガンダム。正式名称を「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」といい、お台場に来る以前はビームサーベルを持った姿が披露されたこともあります。

 同時にオープンしたガンダムファン向け複合施設「ガンダムフロント東京」内部には、同じく1/1スケールのストライクフリーダムガンダム(胸像)やコア・ファイターも展示されていました。

 ガンダム像は2017年3月に惜しまれながら撤去され、同年4月にはガンダムフロント東京も閉館。多くのファンが刻の涙を見ましたが、同年9月には変形機能を搭載した実物大ユニコーンガンダムが登場。デストロイモードの発光でお台場の夜を赤く照らしています(関連記事)。


ガンダムフロント東京に設置されていたコア・ファイター

バナージのせりふでデストロイモードに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10