ニュース
» 2020年04月15日 20時58分 公開

P&Gジャパン、6月よりマスク生産開始へ 「SK-II」の生産工場で

一般販売はされませんが、必要な組織に無償で供給していくとのこと。

[ねとらぼ]

 P&Gジャパンは4月15日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大対策の一環として、6月上旬より同社の滋賀工場でマスクの生産を行うことを決定しました

 同工場はこれまで、同社のスキンケアブランド「SK-II」の生産工場として使用されていたもので、今回の決定にあたり一部を改装予定。生産されたマスクは一般販売はされず、同社職員の安全の確保や、洗剤・紙おむつといった日用品の安定生産のために使用される予定とのこと。また、行政などと協議のうえ、国内でマスクを必要とする組織にも無償で供給していくとしています。

 同社では引き続き、政府や行政とも連携しつつ、新型コロナウイルス感染拡大予防のため必要な支援を続けていくとのこと。


P&G マスク生産へ P&G滋賀工場におけるマスク生産開始について

P&G マスク生産へ 「SK-II」製品ページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.