ニュース
» 2020年04月15日 21時59分 公開

JX通信社、独自に「ゴールデンウイーク延期」制度を新設 新型コロナ収束後に休日スライド可能に

いい施策!

[ねとらぼ]

 報道ベンチャーのJX通信社は4月15日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大による緊急事態宣言を受け、独自に「ゴールデンウイーク延期」の制度を新設すると発表しました。新型コロナウイルスの感染収束後に休日をスライドすることで、社員がより自由かつ充実した休日を過ごせるようにとの狙いから。


JX通信 GW延期 プレスリリースより

 具体的には、GW期間中の祝日および振替休日4日間を営業日へと変更。代わりに新設される特別休暇制度により、スライドした祝日の日数分を夏季休暇として付与します。これにより、外出自粛要請が解除された後に長期休暇を確保する、といった使い方ができるとのこと。なお、GW期間中の営業日については従来通り完全テレワーク体制で業務を行うとしています。

 また、同社では原則、6月〜10月の間の任意の時期に夏季休暇を取得できるとしていますが、もしも10月までに外出自粛要請が解除されなかった場合は別途休日を確保する方向で制度の見直しを行う予定とのこと。


JX通信 GW延期 同社では新型コロナウイルスの感染状況マップも提供中(4月15日時点)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.