ニュース
» 2020年04月16日 15時48分 公開

家にいるのが安全ではない人へ 稼働率の下がったホテルと仮住まいが必要な人をマッチングするプロジェクト「ホテルシェルター」が始動

比較的安い値段でホテルに連泊できます。

[不義浦,ねとらぼ]

 ホテル運営会社CHILLNNは4月15日、「ホテルシェルター」プロジェクトを発表しました。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止措置の影響を受け、稼働率が低くなっているホテルと、自宅以外に安全な仮住まいを必要としている人とのマッチングを行う企画です。


ホテルシェルター 家にいるのが難しい人へ

 緊急事態宣言の影響下において、自宅にいることによって身の安全が脅かされている人がいます。高齢者と同居しているけれど今も職場に出勤せねばならない状況に置かれた人や、家庭環境の事情で家にいると精神的な苦痛が生じる人など、自宅にいることに困難を感じている人は少なくありません。

 ホテルシェルターはそのような人たちと、客室稼働率の落ちたホテルを引き合わせ、ホテルをウィークリーマンションのように利用できるようにするプロジェクトです。価格は1泊3000円から、1週間単位での宿泊を想定しています。運営は感染対策や専門機関との連携を前提とし、感染防止のためステイ中の客室清掃は行いません。


ホテルシェルター 帰宅するのが不安な医療従事者も


ホテルシェルター 家にいることで脅かされている人も

「中小のホテル事業者ができること」を考えた

 CHILLNN代表取締役の龍崎翔子さんはホテルシェルタープロジェクトについて、ブログで説明を行っています。

 龍崎さんは新型コロナウイルス感染症の軽症患者をホテルで受け入れることに関して積極的な考えを持っていますが、受け入れ先のホテルは客室の多い大手のホテルが中心であり、中小規模のホテルでは公募を通ることが難しいと感じたといいます。

 そのような状況で「中小のホテル事業者ができること」を模索した結果が、諸事情で家にいられない人たちの仮住まいとしてホテルを開く今回の取り組みでした。

先行申し込み、ホテル加盟申し込み実施中

 現在ホテルシェルターでは、個人、法人・医療機関それぞれの先行申し込みと、ホテルシェルターに加盟する宿泊施設の募集を行っています。4月下旬からCHILLNNが運営する「HOTEL SHE,KYOTO」(京都、東九条)、「HOTEL SHE,OSAKA」(大阪、弁天町)の2箇所でテスト運営を行い、その後ほかのホテルへ運営拡大される見通しです。


ホテルシェルター 家に高齢者がいて帰宅が不安な人にも

ホテルシェルター 家に高齢者がいて帰宅が不安な人にも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.