ニュース
» 2020年04月17日 10時00分 公開

オンライン飲み会の背景を実在のお店に 背景画像を買って飲食店を応援できるユニークなサービスに反響

飲食店の写真をオンライン飲み会用の背景にできます。

[ねとらぼ]

 実在する飲食店の写真を、オンライン飲み会用の背景画像として販売するユニークなサービス「ONLINE PARTY MARKET」が注目を集めています。売上から各店舗に支援金が振り込まれるという、飲食店を応援できる仕組みです。

ONLINE PARTY MARKET

 同サイトでは、都内や京都、北陸、四国など各地の居酒屋やカフェ、レストランなどさまざまな飲食店の写真を1枚500円で販売。BASEの手数料と振込手数料を引いた額が各飲食店に支払われます。4月中頃にスタートし、5月6日で閉店する期間限定ショップです。

 外出自粛で売上が減っている飲食店を、家にいながらにして応援できるとあって、ネットでは「良い支援の仕方」「この世のお店全部ここに登録してほしい」「地元のお店が始めたら購入しよう」「ステキなお店をココで発見して時がきたらリアルに行くのもイイ」と好評。運営に携わるラナンキュラスの代表、北本貴子さんに話をうかがいました。

 ONLINE PARTY MARKETを立ち上げたきっかけは、運営メンバーがサウナグッズ販売サイトのサウナマーケットで購入したサウナ画像をオンライン飲み会の背景に使ったこと。画像の売上がサウナに支払われる仕組みとなっており、これを飲食店に応用することを思いついたといいます。

さまざまなお店の写真が販売されています。販売ページには各店の情報も

 発案からリリースまでは1日。Zoomで昼に運営メンバーの岡本真梨子さん、界外亜由美さんと話をして、すぐに着手し、翌日の夕方には公開に至りました。飲食店からの掲載希望の問合せは、想定していたよりかなり多いとのこと。

 岡本さんは自身のnoteで、「金額的には微々たるものだとしても、『イートインが再開したら絶対いきたい』『でもそれまで頑張って続いてほしい、なんとか応援したい』という、私たちの気持ちを届けたい」と思いをつづっています。

 「長期的に見て、飲食店行かなくてもええやん!に繋がる感じではダメで、やっぱり行きたい!!!に直結するものをやりたい」――メンバー間でそんな話が出たそうですが、実際にやってみて「やっぱりお店に行きたい!」という気持ちはかえって強まったといいます。

 緊急事態宣言の全国拡大で影響を受ける飲食店も増えるとみられます。楽しみながら好きなお店を応援できる仕組みが広がっていくことが望まれます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン