ニュース
» 2020年04月17日 16時37分 公開

ANAが医療用ガウンの縫製支援を正式発表 地上職員・乗務員らが「6月末までに10万枚」計画に協力へ

縫製支援は政府からの申し出であったことが正式に発表されました。

[不義浦,ねとらぼ]

【4月17日18時追記:作業内容について追記しました】

 ANAホールディングスは4月16日、医療用ガウンの縫製協力を行うことを正式に発表しました。

 この発表は、16日に行われた安倍首相ら政府関係者と医療関係の物品を増産する企業とのテレビ会議において、ANAの片野坂真哉社長が明らかにしたものです。現在国際線9割、国内線5割が運休しているANAは、政府から医療用ガウンの縫製についてマンパワー支援の要請を受けました。今後、地上職員や乗務員などが、縫製会社の指導のもと縫製協力を行う予定です。

 現在ANAでは、フライトクルーの9割、間接スタッフ8割がテレワークに入り、人との接触を減らしているとのことです。


ANA テレビ会議の様子(首相官邸より)


ANA 会議にはユニ・チャームやサラヤなど衛生用品を扱う会社が参加した(首相官邸より)

 ANAの縫製支援を指導する奈良県の縫製会社・ヴァレイは、同会議で6月末までに10万枚の医療用ガウンの生産を目指すと表明しました。ANA職員には、このガウン生産における作業の一部を手伝うことになる見通しです。

 ヴァレイは在宅縫製職人の全国ネットワーク「MY HOME ATELIER(マイホームアトリエ)」を運営しており、デザイナーから受けた縫製依頼を仲介して在宅の職人に繋ぐサポート業務などを行っています。今回の10万枚のガウン生産にも、このシステムが利用されます。

 ヴァレイの谷英希社長は、フリーランスの縫製職人がミシン作業に集中できるよう、ANA職員には縫製以外の手作業や一部のミシン作業を割り振る方針を提案したとのことです。


ANA ヴァレイは縫製職人をデザイナーやメーカーとつなぐサービスを運営している(マイホームアトリエより)


ANA マイホームアトリエの運営モデル(マイホームアトリエより)

 ANAによる縫製支援については、4月7日の首相の会見では「欠航が相次ぐエアラインの皆さんは、医療現場に必要なガウンの縫製を手伝いたいと申し出てくださいました」との発言があり、4月8日には西村康稔経済再生担当相がBSフジの番組において「CAさんたちも手伝うという申し出があった」と述べたため、批判が起きました(関連記事)。縫製支援は政府からANAへの要請によって考案されたものであったことが正式に認められたことになります。また、縫製支援を行うのはCAだけではなく、地上職員らも含まれています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声