ニュース
» 2020年04月17日 18時38分 公開

関東 18日は「数年に一度の大雨」も 雨のピークは

ピーク時間帯には「バケツをひっくり返したように降る雨」「道路が川のようになるレベル」との予想も。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


天気

 関東は「春の嵐」で「警報級の大雨」の可能性も。風に向かって歩けないほどで、横殴りの雨の恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波に注意・警戒が必要です。


「春の嵐」の原因は? 雨のピークは?


天気

 18日土曜の関東は、「春の嵐」となるでしょう。原因は、上空に強い寒気を伴った低気圧が近づくから。この低気圧に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が、南からどんどん流れ込みそうです。

 このため、関東は、17日金曜の夜遅くから雨が降り出し、18日土曜は雨が強まるでしょう。雨のピークは、18日土曜の昼前〜夕方(9時〜18時)です。

 ピークの時間帯は、関東は大気の状態が「非常に不安定」になり、雨雲やカミナリ雲が発達しやすくなるでしょう。カミナリを伴って1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となりそうです。1時間に40ミリの雨というのは、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が川のようになるレベルです。

 さらに、沿岸部では、風に向かって歩けないほどの強風となる恐れもあります。横殴りの雨で、荒れた天気になりそうです。


「数年に一度の大雨」や「警報級の大雨」の可能性も

 予想される雨の降る量は、18日正午までの24時間に、いずれも多い所で、関東北部で100ミリ、関東南部で180ミリです。その後、18日正午から19日正午までの24時間に、いずれも多い所で、関東北部で100〜150ミリ、関東南部で50〜100ミリとなっています。

 今回、関東では総雨量が「数年に一度の大雨」になる所も予想されていますので、油断はできません。

 さらに、低気圧が予想よりも発達したり、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」の流れ込みが予想よりも強まった場合には、千葉県や茨城県を中心に、「警報級の大雨」になる可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波に注意・警戒するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。


前回との違いは?

 関東では、記憶に新しいところでは、13日月曜も荒れた天気になりました。

 東京都心では、13日の日降水量は132.0ミリと、今年1番の大雨で、統計開始以来4月1位の大雨でした。千葉県銚子市では、13日の最大瞬間風速は34.6m/sと、4月としては3位の暴風を観測しました。この時は、北よりの風が強く、地上付近も冷たい空気が流れ込んだため、東京の最高気温は10.1度と、2月上旬並みでした。

 今回の大雨が、13日月曜の大雨と比べて、「大きく違うところ」は、風向きと気温です。今回は南よりの風が強まるので、雨でも気温はそれほど下がらないでしょう。18日土曜の最高気温は、3月下旬〜4月中旬並みで、13日月曜ほどの寒さはなさそうです。

 ただ、「雨量が多いこと」や「風が吹き荒れること」は、変わりません。特に沿岸部ほど、大雨や暴風に、十分お気をつけ下さい。


関連リンク


Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.