ニュース
» 2020年04月19日 13時00分 公開

ロックダウン中のドバイ、人や車が消えた街を写した映像が非現実的な静けさ

寂しさと美しさが同居したような街。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 アラブ首長国連邦の首長国のひとつドバイでは、新型コロナウイルスの影響で3月26日からロックダウン(都市封鎖)を実施しており、街では人や車の姿を見ることはありません。ロックダウンによって生まれた静寂の街並みを上空から撮影した映像がYouTubeに公開されています。


ロックダウン中のドバイ ロックダウン中のドバイ

 総面積4110平方メートルに人口約333万人が住む街で、かつて交通量の激しかった高速道路には走行する車の姿はなく、にぎやかだった街には人の姿はありません。あまりにも静かで非現実的な風景に空恐ろしいほどの美しささえ感じてしまいそうです。

 ロックダウン中のドバイの街をドローンで撮影した、空中写真家のバチアー・ムカルゼルさんは、動画の説明書きに「車の無いシェイク・ザーイド・ロード、人のいないドバイのモール、そして観光客のいない静かな人気スポット、こんなのは見たことがない」と記しています。


ロックダウン中のドバイ 車が一台も通らない橋

ロックダウン中のドバイ まるで時が止まったよう

ロックダウン中のドバイ アトランティス・ザ・パームホテル

 ドバイの7つ星豪華ホテル、バージュ・アル・アラブやアトランティス・ザ・パームもまるで閉館したかのような静けさが感じられます。

 しかし、ムカルゼルさんは「愛する人達のために多くの人が自宅待機にコミットしていることを意味する、この街の様子を素晴らしいと思います」としたためています。

 ムカルゼルさんのInstagramにはロックダウン前の賑やかなドバイの街の写真を見ることができます。国民の誰もが元のドバイに早く戻れることを祈っていることでしょう。

画像はYouTubeから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」