ニュース
» 2020年04月19日 21時30分 公開

「志々雄真実だ」「流刃若火みたい」 炎をまとった刀を振るう剣舞動画がかっこいい

漫画に出てくる武器みたい。

[ねとらぼ]

 炎をまとった刀を振るう動画が、まるで漫画に出てくる武器のようだと人気を集めています。

 投稿したのは「炎と物作りと犬が好き」という宮窪研(@kiwamissimo)さん。動画では、刀身が炎に包まれた刀を舞うように振るう宮窪さんの姿が見られます。刀を振るっても炎が消えることはなく、魔法の武器のよう。Twitterでは、『るろうに剣心』の志々雄真実や『BLEACH』の流刃若火などを思い出す人がみられました。

鞘から刀を抜くと……
炎が!
振るっても消えない炎
かっこいい!

 なんとも見事な“炎刀の舞”ですが、それもそのはず。宮窪さんは自ら生み出した道具で独創的な炎舞を行っている専門家で、まさに“プロの犯行”なのでした。

 「よく『熱くないんですか?』と聞かれるのですが、本物の炎なのでもちろん熱いですし危険なものです。ただし、ちゃんと勉強して安全にやれば直接触っても食べても火傷しません」と、宮窪さんは炎を食べる動画も投稿しています。いずれも知識や安全対策があってできることなので、マネしないようにしましょう。

 「幼い頃に見た揺らめく炎の美しさが忘れられず、海の向こうで得た知識と技で炎を操ることを追求している」という宮窪さん。炎との付き合いについて聞いたところ「力強く燃え上がる時もあれば、儚く揺らめく時もある。こちらの表現で表情が変わるので、触れ合うごとに理解が深まっていく相棒のような存在です」と語ってくれました。

 宮窪さんは「将来的には火の着いた道具を操る人ではなく炎を操る人になるのが夢です!」とのことで、炎を操る魔法のようなショーがいつか見られることに期待です。

画像提供:宮窪研(@kiwamissimo)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.