ニュース
» 2020年04月20日 15時30分 公開

フェラーリが人工呼吸器のパーツを製造、新型コロナ対策で

跳ね馬エンブレム入り、イタリアの医療機関向けに提供。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、イタリアの高級車メーカーであるフェラーリが医療支援のための部品生産を開始しました。

コロナ フェラーリ 人工呼吸器 フェラーリ製の人工呼吸器バルブ(写真:フェラーリ

 フェラーリが製造するのは、人工呼吸器に使うバルブとシュノーケル用マスクを医療従事者のための防護マスクに組み替えるための部品などです。イタリア・マラネロにある本社工場で、通常はスポーツカーのプロトタイプを製作する部門が積層型の3Dプリンタなどを使って作ります。完成したバルブには“跳ね馬”のエンブレムが刻まれます。

 フェラーリ製の部品はイタリアの医療機関向けに提供される予定。異業種の各社が緊急生産した物資の流通を取りまとめるNuovamacut Gruppo TeamSystemを通じて、最前線に届けられます。

Ferrari's commitment to the production of equipment during Covid-19(YouTube/Ferrari)
コロナ フェラーリ 人工呼吸器 防護マスクの部品も製造
コロナ フェラーリ 人工呼吸器 スポーツカーのプロトタイプを製作する部門が設計
コロナ フェラーリ 人工呼吸器 積層型3Dプリンタなどで製造
コロナ フェラーリ 人工呼吸器 跳ね馬エンブレムをレーザー刻印
コロナ フェラーリ 人工呼吸器 (参考)フェラーリオンラインストアの告知


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.